マウスES細胞培養に

LIF, ヒト, 組換え体, 培養上清

LIF(Leukemia Inhibitory Factor)は、白血病細胞の増殖を阻害し、マクロファージに分化誘導する因子として発見されました。他にも、神経分化、骨形成、脂肪細胞の脂質輸送、副腎皮質ホルモンの産生など、多くの機能が知られています。
また、LIFはマウスES細胞の分化抑制作用があるため、ES細胞の未分化状態を維持するために細胞培養時に用いられます。近年、ナイーブ型ヒトES細胞の誘導維持への使用も報告されています。
本品は、ヒトLIFの組換え体を含む培養上清です。

特長

  • マウスES細胞の増殖、未分化状態維持に最適
  • 安価

製品概要

  • 由来 : BMT-10 cell-expressed human LIF
  • 形状 : D-MEM(High Glucose) with L-Glutamine and Phenol red containing 10 % FBSを含む培養上清
  • 0.2 μm フィルターろ過滅菌済み
  • マイコプラズマ確認試験済み
  • 実用希釈倍率 : 1 : 1,000
    本品1mlは、1LのマウスES細胞培養用培地の調製に適しています。

分化抑制作用の確認

マウスES細胞培養時の形態確認

00565_img01.png

培地:G-MEM,0.1mmol/l 2-メルカプトエタノール,1mmol/lピルビン酸ナトリウム、1×NEAA,10% FBS
プレート:ゼラチンコート,12-wellプレート
細胞数:300 cells/well
培養条件:37℃,6日
染色:リーシュマン染色

アルカリホスファターゼ(ALP)活性の確認

00565_img02.png

培地:D-MEM(High glucose), 0.1mmol/l 2-メルカプトエタノール, 0.1mmol/l NEAA, 4mmol/l グルタミン, 15% FBS, 1×antibiotics
プレート:コラーゲン TypeⅠコート,12-wellプレート
細胞数:7,500 cells/well
培養条件:37℃,4日

本品を添加して培養したマウスES細胞(D3株)について、未分化マーカーであるアルカリホスファターゼ活性を、ファーストレッド基質を用いた染色により確認した。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

液体培地

阻害剤

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。