研究支援 ITピペット・ディスペンサー

ムロオカ産業株式会社
ITピペット・ディスペンサー
  • 日本製
  • 用途の異なる3種類のピペットマン
  • 汎用チップの使えるディスペンサー
  • ガラスチップ
00086_img11.png

概要

ITピペット、連続可変ディスペンサーは栃木県で製造している国産のリーズナブルな製品です。ITピペットは、汎用タイプのSシリーズ、耐薬品性を高めたGシリーズ、完璧な液切れを実現したQシリーズのラインアップがあります。連続可変・連続分注のディスペンサーは、シングルタイプと8チャンネルタイプがあります。

ITピペット Sシリーズ

この品質でこの価格!

ITピペットシリーズの汎用タイプです。 大幅な材質変更による改良で、耐久性とフィット感がアップしました。チップイジェクターは、ワンタッチ脱着方式です。 軽量でスムーズなストロークは疲労を軽減します。

メーカーコード 容量 精度
IT-20N 最小 2 μL ±1.4%
最大 20 μL ±0.4%
IT-100N 最小 10 μL ±1.0%
最大 100 μL ±0.8%
IT-200N 最小 20 μL ±1.5%
最大 200 μL ±0.5%
IT-1000N 最小 200 μL ±1.5%
最大 1000 μL ±0.5%

ITピペット Qシリーズ

微量分注用に1本あると便利です!

世界初の、ブローアウト容積増幅機構内蔵(特許取得済)ピペットです。微量分注ではチップから試薬が吐出しきれないことがありますが、吐出する際の空気容量を大きくすることで完璧な液切れを実現し、サンプルを膜状に引き戻すことはありません。 大幅な材質変更による改良で、より耐久性とフィット感がアップしました。

メーカーコード 容量 精度
ITQ-2N 最小 0.2 μL 1 μL ±5.0%
最大 2 μL 2 μL ±2.5%
ITQ-10N 最小 1 μL 2 μL ±2.5%
最大 10 μL 10 μL ±1.0%

ITピペット Gシリーズ

ETFE、気化排気口を導入することにより、耐薬品性を高めました。酸、有機溶剤、アルカリ等のサンプルが計量可能なモデルです。専用アダプターを装着すればガラスチップも使用可能です。

メーカーコード 容量 精度
G-200N 最小 20 μL ±1.5%
最大 200 μL ±0.8%
G-1000N 最小 200 μL ±1.5%
最大 1000 μL ±0.5%
G-5000N 最小 1000 μL ±1.5%
最大 5000 μL ±0.5%
G-10000N 最小 2000 μL ±1.5%
最大 10000 μL ±0.5%

連続可変ディスペンサー

汎用チップを使用するのでランニングコストを削減!

シングルタイプの連続可変ディスペンサーです。ブローアウト機構搭載、チップイジェクター付きです。汎用チップを使用でき、ランニングコストを削減できます。また、M-802~M-806は専用アダプターを装着することでガラスチップも使用可能です。

Mシリーズは従来シリーズよりも精度が上がりました。

メーカーコード 分注容量 精度 使用チップ
M-801 1 μL~5 μL ±2.0% 200 μL
M-802 5 μL~25 μL ±1.0% 200 μL
M-803 25 μL~100 μL ±1.0% 1000 μL
M-804 50 μL~250 μL ±1.0% 1000 μL
M-805 250 μL~1000 μL ±1.0% 5000 μL
M-806 500 μL~1250 μL ±1.0% 10000 μL

8チャンネル連続可変ディスペンサー

電動より軽くて取り扱いやすい!

8チャンネルの連続可変ディスペンサーです。軽量で取り扱いやすく、ELISA等の96ウェルマイクロプレートへの試薬分注に最適です。シリンダー方式により精度±1%を実現しました。

メーカーコード 分注容量 精度
super-8000 最小 50 μL ±1.0%
最大 250 μL ±1.0%

ガラスチップ、アダプター

有機溶媒の分注に!

溶媒等採取用のガラスチップです。Gシリーズとシングルディスペンサーで使用可能です (別途ガラスチップ専用アダプター必要)。200 μL用と1000 μL用は専用ラックの用意もあります。

ガードフィルター

交換用ガードフィルターです。ピンセットで古いフィルターを取り除き、新しいフィルターを止まる位置まで装填してください。

回転スタンド

省スペース、ローコスト、回転式のピペットスタンドです。ITピペットシリーズもシングルディスペンサーも架けられます。

価格表

お問合せQ & A

Q1 ディスペンサーの吸引ボタン(吸引ノズル)が引き上げられません。

A1 吸引ボタンをブローアウト位置(最下段)から更に押し下げてください。吸引ボタンが引き上げられるようになります。

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。