ダイオキシン・PCB分析

ダイオキシン類対策特別措置法におけるダイオキシン類とは、ポリ塩化ジベンゾ-p-ジオキシン(PCD)とポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)、コプラナーポリ塩化ビフェニル(コプラナー PCB)のことを指します。ダイオキシン類は、ごみ焼却、製鋼用電気炉、たばこの煙などの、炭素・酸素・水素・塩素を含む物質が熱せられるような過程で非意図的に副生成物として発生しますが、その毒性の強さから、ダイオキシン類対策特別措置法によって耐容一日摂取量(TDI)や基準値が定められています。ダイオキシンの試験法はJISやEPAメソッドによって定められており、当社では各種試験法に対応した溶媒、前処理カラムや標準品、標準液、混合標準液を多数取り揃えております。