ハイコンテント解析ソフトウェア CellPathfinder™

横河電機株式会社
CellPathfinder™
  • 豊富なプリセット解析メニューでビギナーも安心
  • マシンラーニング機能を搭載、ラベルフリー解析も可能
  • 多ウェル、多視野の同時表示で実験結果の比較が容易
  • マージ画像、ムービー、グラフ作成も簡単

概要

独自のデジタルフィルターにより、位相差画像で優れた細胞形態認識を実現しました。

また、ソフトウェアが自ら学習する『機械学習機能』を搭載したことで、ユーザーが登録した細胞画像から特徴量に基づき自動で細胞を分類します。

特長

シンプルなワークフロー

画像表示から解析、グラフ作成まで簡単な操作

1.画像データの表示

  • 00054_img01.jpg

    複数の画像が表示できるのでウェル間の画像比較が容易。

  • 00054_img09.gif

2. 解析メニューをロードして定量解析

  • わかりやすいデザインアイコンの解析メニュー
  • 目的のメニューをクリックしてロードするだけ

3. ゲーティング機能

  • 1次解析結果を見て、ゲーティングにより任意の細胞集団だけを抽出
  • 抽出した細胞集団のみをさらに解析することが可能

4. グラフ作成

  • 算出された数値データをさまざまな形でグラフ表示可能
  • グラフのプロットと画像はリンクしており、グラフをクリックすることで簡単に画像を確認

5. さらに…個々の細胞のプロファイルリストを作成

  • 興味のある細胞をクリックし、各細胞の画像及び数値データを集めたリストを作成可能ることが可能

多彩な解析メニュー

  • ベーシックとアドバンスの2つの領域認識モードを用意
  • ベーシックモードは解析初心者でもすぐに定量解析を実行可能
  • アドバンスモードでカスタマイズ解析にも対応 より複雑な解析が可能

3D解析

  • スフェロイド等の3Dサンプルを立体的に解析
  • 体積やZ方向における位置関係の解析が可能

機械学習による 細胞骨格の認識

  • 代表的な対象を手動で認識させ、それによりソフトが学習、その後はソフトが自動解析

ラベルフリー解析

  • 機械学習により ラベルフリーで細胞の核と輪郭を認識可能

システム構成

ソフトウェア
専用ワークステーション
ワークステーションスペック
モデル Dell Precision™T5810X
CPU Intel® Xeon® E5-1620 v4
メモリ 128GB
HDD システムドライブ (C:) 4TB
データドライブ (D:) 4TB
OS Windows® 10 Pro 64bit 日本語/英語
ディスプレイ
ディスプレイスペック
モデル 解像度1920×1200、2台
  • CellVoyager CV1000には対応しておりません。
  • 本システムはワークステーションとソフトウェアで構成されています。

価格表

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。