ゲノム編集関連試薬

当社ではCRISPR-Cas9によるゲノム編集の関連製品・サービスを幅広くラインアップしております。ゲノム編集をこれから始める研究者はもちろん、ゲノム編集が上手くいかずに困っている研究者にもお勧めです。(ゲノム編集によるトランスジェニック動物作製の受託サービスは こちら をご参照ください。)

CRISPR-Cas9によるゲノム編集技術を開発したマックス・プランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ所長と、カリフォルニア大学バークレー校のジェニファー・ダウドナ教授は2020年のノーベル化学賞を受賞しました。

 

CRISPR-Cas9によるゲノム編集

ゲノム編集とは、狙った位置でDNAを切断し、DNAを取り除いたり、新しいDNAを挿入したりする技術のことです。そのためにまず必要なのは、DNAを標的の位置で切断できる酵素です。2012年に、ダウドナ教授・シャルパンティエ教授らによって報告されたCRISPR-Cas9システムでは、Cas9という酵素を使ってDNAを切断します(図1)。Cas9を、標的のDNA切断部位に導くために、ガイドRNAと呼ばれるRNA分子も同時に導入します。ガイドRNAの一部を、標的DNAと相補的な配列にしておくことで、Cas9を目的の位置で働かせることができます。

図1 Cas9とガイドRNAによるDNA二本鎖の切断。赤で示した部分が、ガイドRNA・標的DNAにおいて相補的。

 

切断されたDNAは、細胞がもともと持っているDNA修復機構によってつなぎ合わされます(図2)。この際に、挿入したいDNAを供給しておけば、そのDNAを使って修復が起こり、結果として新しいDNA配列が挿入されたDNAを作製することができます。しかしながら、現状では、挿入効率があまり高くなかったり、細胞の種類や周期によって修復方法が限定されるなどの問題があり、より良いDNA挿入手法の開発が求められています。

図2 切断されたDNAの修復。(NHEJを利用した挿入法もある)

 

本記事はWEBに混在する化学情報をまとめ、それを整理、提供する化学ポータルサイト Chem-Stationの協力のもと、ご提供しております。