RAFT剤量産化受託合成

制御リビングラジカル重合手法の一つに、硫黄化合物である可逆的付加-開裂型連鎖移動剤(Reversible Addition-Fragmentation chain Transfer agent, RAFT剤)を用いた重合があります。この重合は一般的にRAFT重合と呼ばれ、分子量分布が狭いポリマーの合成に有効です。

当社では、試薬ライブラリーの中から、工業的に生産可能な化合物の量産化を進めています。量産化可能なRAFT剤として6種類の化合物をご紹介します。

特長

  • 少量~工業スケール まで供給可能
  • 国内工場生産
  • 取り扱いが容易な粉末品

量産化可能品目

1g : 022-19411
5g : 028-19413

1g : 050-09341
5g : 056-09343

1g : 047-33981
5g : 043-33983

1g : 037-24651
5g : 033-24653

1g : 351-40781
5g : 357-40783

1g : 033-25471

RAFT 重合によるポリマー合成

ポリノルマルブチルアクリレートの合成

No. RAFT Monomer Time (h) Monomer/RAFT/Initiator Mw PDI
Mw/Mn
nBA 1 115/1/0.25 13900 1.20
nBA 5 115/1/0.1 15100 1.29
nBA 2 115/1/0.1 13700 1.14

溶媒量はモノマー・ RAFT 剤・開始剤の総重量に対して 50 wt%

*略名
V-601:Dimethyl 2,2'-Azobis(isobutyrate)
PGMEA:Propylene Glycol Methyl Ether Acetate

ポリメチルメタクリレートの合成

No. RAFT Monomer Time (h) Monomer/RAFT/Initiator Mw PDI
Mw/Mn
MMA 5 146/1/0.25 14400 1.24

溶媒量はモノマー・ RAFT 剤・開始剤の総重量に対して 50 wt%

*略名
V-601:Dimethyl 2,2'-Azobis(isobutyrate)
PGMEA:Propylene Glycol Methyl Ether Acetate

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。