マイクロバイオーム研究試薬

ヒトの腸内、口腔内、膣内、皮膚などには細菌をはじめとする様々な種類の微生物が存在しており、それぞれの生息環境に適応した多様なマイクロバイオータを形成しています。マイクロバイオータは環境によって変動することが知られており、腸内マイクロバイオータは摂取した食物などの影響を大きく受けます。またマイクロバイオータの構成や代謝産物がヒトの健康に関与していることが明らかになり、肥満・糖尿病、神経疾患、免疫反応など様々な疾患・生体反応とマイクロバイオータとの関連が報告されています。さらにマイクロバイオータをコントロールすることで疾患の改善を試みる動きもあり、マイクロバイオータを標的とした創薬・機能性食品や糞便移植、微生物カクテルの研究開発が進んでいます。

マイクロバイオータのゲノム情報全体をマイクロバイオームと呼び、その解析には一般的に次世代シークエンサーを用いたメタゲノム解析が利用されています。正しいデータを得るためには、採取時のマイクロバイオータの構成をそのまま維持することや収量・純度の高いDNAサンプルを得ることが重要です。