固相合成用支持担体

核酸の固相合成では、支持担体にオリゴヌクレオチドを結合させ、単量体を連結させていきます。また、オリゴヌクレオチドを支持担体に結合するためには適切なリンカーを用います。固相合成ではカップリング反応や脱保護反応後、過剰に用いた試薬などを洗い流しやすくなる特長があり、自動合成装置にも採用されています。当社ではKinovate社が販売する架橋ポリスチレンビーズ担体やChemGenes社が販売する固体支持担体にオリゴヌクレオチドを結合させるためのユニバーサルリンカー(ユニリンカー)を取り扱っております。