酵素固定化スクリーニングサービス

東洋電化工業(株)ではトヨナイトへの酵素固定化を受託しています。

トヨナイトは東洋電化工業(株)で製造販売されている多孔質セラミック球状担体であり、酵素の固定化力が強く活性発現および長期反応安定性に優れており、医薬や農薬中間体、化学品の工業スケールの製造に適しています。

固定化酵素の特長

  • 反応後の酵素を回収でき、酵素の再使用が可能
  • 固定化により酵素の安定性が増加し、酵素自体が不安定となる環境下での反応が可能
  • 反応液に混在する酵素由来のタンパク質が少ないため、エマルジョン化が起きにくい
  • エマルジョン化が起こりにくいため、反応後の処理が簡単かつ収率が向上
  • 酵素由来のタンパク質が脱離、流出しないため、酵素によるBOD上昇が生じない

測定法
加水分解率が95%以上に達した後、固定化リパーゼをろ過により回収し、イソオクタンで洗浄後、新しい反応液に投入してくり返し反応を行った。

反応条件
基質 (オリーブ油):60 g  リン酸緩衝液 (pH7):290 mL  固定化リパーゼ:7,200ユニット相当量
反応条件:撹拌 (350 rpm)、37℃

参考文献

日本農芸化学会1998年度大会
「酵素固定化用担体『Toyonite』の特徴と応用例」(加守雅信)

酵素固定化スクリーニングサービス

内容:下記トヨナイト 4 種 (各5 g) へ酵素を固定化

  • 1.固定量はタンパク質量で評価
  • 2.固定化する酵素はお客様よりご提供ください (タンパク質量として 2,000 mg / 式程度)
  • トヨナイト200

  • トヨナイト200-M

  • トヨナイト200-P

  • トヨナイト200-A

固定化酵素の使い方は東洋電化工業(株)のホームページよりご確認ください。

東洋電化工業(株) トヨナイト製品ページ

酵素固定化スクリーニングサービス オプション

数量増

成果品を1 g単位で増量します。最大で、トヨナイト4種を各5 gずつ、合計20 gの増量が可能です。

性能評価 (活性測定)

ご指定の方法で比活性値を測定します。※秘密保持契約対応

固定最適化

試作は5 g/回、最大4回 (計20 g) までお客様と相談しながら固定化を改良します。その際、固定化する酵素はお客様よりご提供ください。(タンパク質量として10,000 mg程度)

固定化酵素受託製造

固定化スクリーニングサービスおよび固定最適化オプションを実施したお客様さまを対象に、最低販売数量を100 g/回として受託製造も行っています。ISO9001 (GMP準拠) 製造であり、各種契約 (委受託、売買、秘密保持等) の締結に対応します。固定化する酵素はお客様がよりご提供ください。固定量はタンパク質量または比活性で評価します。

価格・納期

サービス 希望納入価格 (円) 納期
酵素固定化スクリーニングサービス 300,000 酵素受領後最短2週間
数量増 15,000 / 1g増
性能評価 (活性測定) 照会
固定最適化 照会 3ヶ月
受託製造 照会 2ヶ月~
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。