カートに追加しました

比較表に追加しました

LIF, ヒト, 組換え体, 培養上清 LIF, Human, recombinant, Culture Supernatant

細胞培養用
for Cell Culture
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
129-05601
JAN
4987481478558
1mL
希望納入価格
26,500 円

20以上

販売元
125-05603
JAN
4987481478565
1mL×10
希望納入価格
143,000 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
添付文書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

概要・使用例

概要 LIF(Leukemia Inhibitory Factor)は、白血病細胞の増殖を阻害し、マクロファージに分化誘導する因子として発見されました。他にも、神経分化、骨形成、脂肪細胞の脂質輸送、副腎皮質ホルモンの産生など、多くの機能が知られています。
また、LIFはマウスES細胞の分化抑制作用があるため、ES細胞の未分化状態を維持するために細胞培養時に用いられます。
本品は、ヒトLIFの組換え体を含む培養上清です。マウスES細胞の培養に最適であり、マウスiPS細胞の培養にも応用が考えられます。
0.2μmフィルターろ過滅菌済みです。
和光純薬時報 Vol.76 No.3 p23 (2008.7)
Wako Bio Window No.89, p32 (2008.6)
Wako Bio Window No.106, p.22 (2010.11)
ナイーブ型ヒトES 細胞の誘導維持に
IM-12、PD0325901、SB590885、WH-4-023、Y-27632、Activin A、hLIF をオンフィーダーでともに使用すると、マウスES 細胞の基底状態と類似したナイーブ型ヒトES細胞を誘導維持することができると報告されています。
(和光純薬時報 Vol.83, No.4(2015), p16)
(Wako BioWindow June.2015/No.137, p14)
使用方法 実用希釈倍率 : 1 : 1,000
本品1mlは、1LのマウスES細胞培養用培地の調製に適しています。

物性情報

外観 液体
起源 BMT-10 cell-expressed human LIF
活性 本品の培地中濃度1/1000において、マウスES細胞の分化抑制活性を示す。
組成 形状:D-MEM(High Glucose) with L-Glutamine and Phenol red containing 10 % FBSを含む培養上清。
純度 マイコプラズマ確認試験済み。

製造元情報

別名一覧

  • 白血病抑制因子, ヒト, 組換え体, 培養上清
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。