HACCP

2020年6月に食品衛生法が改正され、HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)に沿った衛生管理が制度化されました。施行から1年間の経過措置期間を経て、2021年6月1日よりHACCPに沿った衛生管理が義務化されています。
原則として、全ての食品等事業者(食品の製造・加工、調理、販売等)へHACCPに沿った衛生管理の実施が義務付けられています。

当社で取り扱っている、食の安全管理に役立つ製品をご紹介します。

学術コンテンツ

HACCPとは?

安全な食品を届けるための衛生管理方法です。
HACCP:Hazard Analysis and Critical Control Point の略称で、日本語では、「危害要因分析重要管理点」と訳されます。
食品事業者自ら危害要因(食中毒や異物混入など)を把握し、原材料の入荷から製品の出荷にいたるまでの全工程のなかで、危害要因を除去または低減させるために重要な工程を管理します。

HACCPには、2パターンの管理方法があります。

①HACCPに基づく衛生管理
コーデックスのHACCP7原則に基づき、食品等事業者自らが使用する原材料や製造方法に応じ、衛生管理計画を作成し、実施します。
【対象事業者】
大規模事業者
と畜場(と畜場設置者、と畜場管理者、と畜業者)
食鳥処理場(食鳥処理業者(認定小規模食鳥処理業者を除く。))

②HACCPの考え方を取り入れた衛生管理
各業界団体が作成した手引書を参考に、衛生管理を実施します。
【対象事業者】
小規模な営業者など

※参考:厚生労働省HPより

 

検査項目別セレクションガイド

【一般衛生管理】

キッコーマンバイオケミファ ルミテスターSmart&ルシパックシリーズ

【食物アレルゲン検査】

①エライザ法

日本ハム FASTKIT®エライザVer.Ⅲシリーズ

マルハニチロ 甲殻類キットⅡ「マルハニチロ」

②イムノクロマト法

日本ハム FASTKITスリム®シリーズ

マルハニチロ えびかにキャッチャー「マルハニチロ」

③PCR法

オリエンタル酵母工業 アレルゲンチェッカー®

【食中毒】

①微生物検査

日本ハム NHイムノクロマトシリーズ

キッコーマンバイオケミファ Easy Plate™

Solabia 微生物検査培地

②ヒスタミン

キッコーマンバイオケミファ チェックカラーヒスタミン、ヒスタミンチェックスワブ

【ATP量・微生物検査】

キッコーマンバイオケミファ ルシフェールシリーズ

検査方法

メーカー 品名 ふき取り検査 エライザ法 イムノクロマト法 培地 PCR その他
一般衛生管理 キッコーマンバイオケミファ ルミテスターSmart&ルシパック
食物アレルゲン検査 日本ハム FASTKIT®エライザVer.Ⅲシリーズ
日本ハム FASTKITスリム®シリーズ
マルハニチロ 甲殻類キットⅡ「マルハニチロ」
マルハニチロ えびかにキャッチャー「マルハニチロ」
オリエンタル酵母工業 アレルゲンチェッカー®


微生物検査 日本ハム NHイムノクロマトシリーズ
キッコーマンバイオケミファ Easy Plate™
(フイルム)
Solabia 微生物検査培地
ヒスタミン検査 キッコーマンバイオケミファ チェックカラーヒスタミン
(吸光度)
ヒスタミンチェックスワブ
(定性)
ATP量・微生物検査 キッコーマンバイオケミファ ルシフェールシリーズ
(発光)