光-電子相関顕微鏡法(CLEM)用試薬

光-電子相関顕微鏡法 (CLEM)は同一試料を光学顕微鏡と電子顕微鏡を用いて観察し、それぞれの像を比較して細胞内における細胞小器官・細胞分子の局在および形態を解析する手法です。
従来法では蛍光色素の退色により、同一切片で光学顕微鏡と電子顕微鏡観察を行うことは困難でしたが、当社の蛍光復活試薬により同一切片での観察が可能になりました。

製品ラインアップ