植物核酸抽出・精製試薬

植物組織は動物組織と比較して、多糖類やポリフェノールが多く含まれています。これらの物質は、制限酵素反応やPCRの阻害物質となるため、核酸抽出時に除去する必要があります。一般的に植物組織から核酸を抽出する場合、陽イオン性の界面活性剤であるCTAB (Cetyltrimethylammonium bromide)が良く使用されますが、処理の手順が多く煩雑であることが課題でした。
当社では植物組織に最適化され、高品質な核酸を簡便に抽出・精製できる、植物用核酸抽出・精製試薬をラインアップしております。

製品ラインアップ