基質

有機合成では基質(substrate)に対して、反応剤や触媒を加えて新しい結合を形成していきます。その反応点となる官能基の選択が重要なポイントです。基質は多種多様ですので、その選択肢も多くなります。こちらでは各種の合成基質について、種類別にご紹介しています。芳香族、脂肪族の分類では該当する官能基が結合している炭素を基準にしています。掲載している化合物はその一例ですので、さらに詳細を検索するためのヒントとしてもご活用ください。

製品ラインアップ

標識化合物
キラル化合物
アルコールとフェノール
アミン
アルデヒド
ケトン
カルボン酸・酸ハライド
エステル
アミド
ハロゲン化物
エーテル
アミノ酸
含ヘテロ原子化合物
各種等価体