植物研究試薬

植物は無機物からエネルギー源となる有機物を合成する一次生産者として生態系を支えています。人類は古くから植物を食料や素材 (繊維・建材)、薬などに利用しており、栽培・育種にも取り組んできました。

植物は基本的に移動できないため私たち動物とは異なる特徴を有しています。その代表的なものが細胞壁です。細胞壁は植物の物理的保護の他に、乾燥からの保護や植物体の支持などの役割があります。また細胞内にはクロロフィルをはじめとした色素体が存在し、光合成において重要な役割を果たしています。しかしながら、細胞壁や色素体は植物内部の観察を困難にし、分子生物学的な実験の障害になることもしばしばあります。

当社ではこれらの問題を解決することができる植物用の透明化試薬や核酸抽出・精製キットを取り扱っております。またその他にも植物ホルモンや成長阻害剤・変異誘発剤、プロトプラスト作製試薬など植物研究を基礎から支える試薬をラインアップしております。