DNAライブラリー

DNAライブラリーとは?

DNAライブラリーとは、断片化したDNAをベクターに組み込んだクローンのコレクションです。組み込むDNAの種類によってゲノムライブラリーとcDNAライブラリーなどと呼ばれます。解析する遺伝子領域や発現させるタンパク質が多種類に及ぶ場合、このようなライブラリーを使用することで、それぞれのDNAを研究者が個別にクローン化する労力がかからずに済みます。

ゲノムライブラリーはゲノムDNAを断片化し、ベクターに組み込んだものです。挿入断片は数十~数百kbと長く、ベクターにはファージベクターや人工染色体(BACやYAC)などが選択されます。

一方、cDNAライブラリーはタンパク質をコードするmRNAに相補的なcDNAをベクターに組み込んだもので、ゲノムライブラリーに比べて挿入する鎖長は短く、ベクターにはプラスミドベクターやファージベクターが用いられます。遺伝子によっては組織や成長ステージによってmRNAのスプライシングパターンが変化する為、組織やステージ毎に分けて販売されている場合もあります。

DNAライブラリーのラインアップ