エクソソームELISAキット

当社ではエクソソームをはじめとする細胞外小胞の定性・定量解析に使用できるELISAキットをラインアップしております。当社独自のPSアフィニティー法を用いた高感度ELISAキットや抗ヒトCD9, CD63, CD81抗体を用いたELISAキットを上市しており、目的に合った製品を選択可能です。

エクソソーム ELISAキット選択表

シリーズ PS CaptureTM Exosome ELISA Kit CD9/63/81-Capture Human Exosome ELISA Kit
コードNo. 297-79201 298-80601 296-83701 290-83601 292-83801
製品名 PS CaptureTM Exosome ELISA Kit (Anti Mouse IgG POD) PS CaptureTM Exosome ELISA Kit (Streptavidin HRP) CD9-Capture Human Exosome ELISA Kit (Streptavidin HRP) CD63-Capture Human Exosome ELISA Kit (Streptavidin HRP) CD81-Capture Human Exosome ELISA Kit (Streptavidin HRP)
容量 96 回用 96 回用 96 回用 96 回用 96 回用
捕捉分子 Tim4タンパク質 Tim4タンパク質 抗ヒトCD9抗体 (ラット) 抗ヒトCD63抗体 (マウス) 抗ヒトCD81抗体 (マウス)
検出抗体 抗ヒトCD63抗体 (マウス) 抗ヒトCD63抗体 (マウス) 抗ヒトCD9抗体 (ラット) 抗ヒトCD63抗体 (マウス) 抗ヒトCD81抗体 (ラット)
一次抗体への酵素結合方法 二次抗体 ビオチン -ストレプトアビジン ビオチン -ストレプトアビジン ビオチン -ストレプトアビジン ビオチン -ストレプトアビジン
サンプル 精製エクソソーム 細胞培養上清※1 精製エクソソーム 細胞培養上清 体液 (血清、血漿など) 精製エクソソーム 細胞培養上清 体液 (血清、血漿など) 精製エクソソーム 細胞培養上清 体液 (血清、血漿など) 精製エクソソーム 細胞培養上清 体液 (血清、血漿など)
動物種 ヒト、マウス、ラットなど※2 ヒト、マウス、ラットなど※2 ヒト ヒト ヒト
測定対象 PS陽性エクソソーム※3 PS陽性エクソソーム※3 ヒトCD9陽性エクソソーム ヒトCD63陽性エクソソーム ヒトCD81陽性エクソソーム

※1 検出用二次抗体がヒト、マウス、ラットのIgGと非特異的に反応をするため、血清・血漿での測定はできません。
※2 キット附属の抗体は抗ヒトCD63抗体のため、ヒト以外の検体を測定する場合は適切なビオチン標識抗体をご用意ください。
※3 エクソソーム除去FBSを使用していない場合、FBS由来のPS陽性エクソソームも測定します。

学術コンテンツ

PSアフィニティー法の ELISA への応用

当社はTim4 タンパク質がホスファチジルセリン(PS)を介してエクソソームとアフィニティー結合する仕組みをELISA に応用し、PS CaptureTM Exosome ELISA Kit (Anti Mouse IgG POD)を開発しました。本キットは、エクソソーム表面マーカー抗体を固相化する従来のELISA 法より高感度にエクソソームを検出できます。Tim4 タンパク質を固相化したドライプレートに培養上清や血清などのエクソソーム含有サンプルを添加し、カルシウムイオン存在下でエクソソームを捕捉させ、エクソソーム表面マーカータンパク質に対する一次抗体反応及び二次抗体によりエクソソーム検出を行います。

本キットの最大の特長は、ウェスタンブロットや既存のエクソソームELISA 製品よりも高感度なエクソソーム検出を実現していることです。まず始めに、本キットとウェスタンブロットの検出感度を比較するために、ウェスタンブロットにおけるエクソソーム検出限界を調べました(図1a)。結果、ヒト結腸腺がん細胞であるCOLO201 細胞由来精製エクソソームをサンプルに用いて抗CD63 モノクローナル抗体(他社品A)によるウェスタンブロットを行ったところ、タンパク質量で75 ng のエクソソームまで検出できました。次に、本キットを用いて白血病由来細胞株であるK562 細胞およびCOLO201 細胞由来精製エクソソームのELISA 検出限界を調べたところ、K562 細胞由来精製エクソソームの検出限界が49.9 pg、COLO201 細胞由来精製エクソソームの検出限界が10.9 pg であり、ウェスタンブロットの1,000 倍以上の検出感度を有することが明らかとなりました(図1b)。また、既存のエクソソームELISA 製品の感度が、数ng 〜数μg 程度(各製品マニュアルより参照)であることからも、Tim4 タンパク質とPS を介したアフィニティー結合を利用した本キットは、従来のエクソソーム表面マーカー抗体を固相化するELISA 法と比較して100 倍以上高感度であることが示されました。

さらに当社ではPS CaptureTM Exosome ELISA Kit (Anti Mouse IgG POD)の課題である、体液検体の測定を可能にするためビオチン標識抗体とHRP標識ストレプトアビジンを組み合わせたPS CaptureTM Exosome ELISA Kit (Streptavidin HRP)を開発しました。これにより測定可能な検体の幅が広がりました。