カートに追加しました

比較表に追加しました

アクチビンA,ヒト,組換え体,動物由来物フリー Activin A, Human, recombinant, Animal-derived-free

細胞生物学用
for Cellbiology
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
CAS RN® :
725748-11-8
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
010-23963
JAN
4548995009128
1mg
販売終了
販売元
014-23961
JAN
4987481628939
10μg
希望納入価格
42,000 円

20以上

販売元
018-23964
JAN
4548995051776
500μg
見積り

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 培養・精製過程で動物由来原料不使用のサイトカインです。
アクチビンAはTGF-βファミリーに分類されるサイトカインです。
細胞増殖や分化、神経細胞の生存を始め多くの活性があります。東大浅島先生により発見され、胚形成時には胚において濃度勾配を生じ、濃度に応じて分化器官が決定される作用が報告されています。
アクチビンAの活性はインヒビン及びフォリスタチンによって中和されます。
アクチビンAのアミノ酸配列は、ヒト、マウス、ラットの間で100%一致します。
分子量約26,000(アミノ酸116残基のホモダイマー)
ナイーブ型ヒトES 細胞の誘導維持に
IM-12、PD0325901、SB590885、WH-4-023、Y-27632、Activin A、hLIF をオンフィーダーでともに使用すると、マウスES 細胞の基底状態と類似したナイーブ型ヒトES細胞を誘導維持することができると報告されています。
(和光純薬時報 Vol.83, No.4(2015), p16)
(Wako BioWindow June.2015/No.137, p14)
使用方法 滅菌水で0.1-1.0mg/mlの濃度に溶解する。(ロットにより異なる場合があります.添付文書をご参照下さい。)
溶解後長期保存する場合は希釈前の段階でキャリアータンパク質を添加して凍結保存。凍結融解の繰返しを避けるため使用量ごとに小分けして凍結保存する。
使用上の注意 本品は微量のため視認できない場合があります。
 チューブを開封する前には必ず遠心して下さい。

物性情報

起源 E. coli expressed human activin A
溶解性 水に溶ける。
組成 キャリアフリー。フィルター滅菌済み。
純度 エンドトキシン:<0.01ng/μg

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。