カートに追加しました

比較表に追加しました

all-trans-レチノイン酸 all-trans-Retinoic Acid

生化学用
for Biochemistry
規格含量 :
97.0+% (HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
CAS RN® :
302-79-4
分子式 :
C20H28O2
分子量 :
300.44
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
188-01113
JAN
4987481323544
1g
希望納入価格
12,700 円

20以上

販売元
186-01114
JAN
4987481323551
50mg
希望納入価格
2,650 円

20以上

販売元
182-01116
JAN
4987481424357
100mg
希望納入価格
3,400 円

20以上

販売元
182-01111
JAN
4987481323537
250mg
希望納入価格
4,800 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 〈細胞研究試薬〉〈細胞増殖・シグナル伝達研究試薬〉〈レチノイドレセプター研究用試薬〉
 レチノイン酸はビタミンA酸とも呼ばれ、摂取されたレチノール(ビタミンA)が体内で代謝され、レチナール
(ビタミンAアルデヒド)を経て産生される。レチノイン酸が生体の遺伝子発現を直接制御することにより、細胞の増殖・分化を調節していると考えられている。
発現が制御される遺伝子;
myc(DNA複製開始因子)……発現抑制
fos(転写調節因子)……発現増加
erbB(EGFレセプター)……発現増加
RARβ(レチノイドレセプターβ)……発現誘導,増加
コラゲナーゼ……発現抑制
トランスグルタミナーゼ……発現増加
 
〈薬理・生理研究試薬〉〈その他生理活性化合物〉〈ビタミン関連(B群, D群他)〉
 本品は摂取されたレチノールが体内で代謝され、レチナールを経て産生される。最近では、レチノイン酸が生体の遺伝子発現を直接制御することにより、細胞の増殖・分化を調節していると考えられている。
神経細胞への分化を誘導する。
(Wako BioWindow 2008.2/No.87, p13)
(Wako BioWindow 2009.11/No.99, p11)
(Wako BioWindow 2011.8/No.111, p9)
(Wako BioWindow JUL.2012/No.118, p14)
(Wako BioWindow MAR.2014/No.129, p14)
(Wako BioWindow DEC.2014/No.134, p26)
(Wako BioWindow NOV.2014/別冊号 vol.1, p88)
用途 細胞の増殖・分化機構の研究用。
使用上の注意 不活性ガス封入

物性情報

外観 黄色, 結晶性粉末~粉末
溶解性 水にほとんど不溶。メタノール, アセトンに可溶。
メタノール及びアセトンに溶け、水にほとんど溶けない。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。