カートに追加しました

比較表に追加しました

HEPES緩衝液 HEPES Buffer Solution

製造元 :
(株)同仁化学研究所
保存条件 :
室温
CAS RN® :
7365-45-9
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
345-06681
製造元
GB60
JAN
4987481524750
100mL
希望納入価格
11,800 円

20以上

ドキュメント

スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 〈生化学用(基礎)試薬〉〈緩衝剤〉〈グッド緩衝剤〉

 細胞培養用Bufferのストック溶液として使用できる。pHは25℃で7.3±0.1(NaOHにて調整済み)。

 

〈電気泳動・ブロッティング試薬〉〈バッファー・バッファー調製用試薬〉〈その他のバッファー調製用試薬〉

 

〈培養工学用試薬〉〈動物組織培養〉〈培地〉〈バッファー(Buffer)〉
〈細胞増殖/細胞毒性測定用試薬〉〈関連試薬, 生化学用緩衝剤〉〈Good's Buffer Solution(溶液タイプ)〉
Good's buffer(生化学用緩衝剤)
生体成分の分離・精製や組織培養を行なうにあたって、溶液内のpHを一定に保つ必要があります。適当な弱酸とその共役塩基の混合溶液がpH緩衝液として利用されます。陸生生物の生体成分のpHは普通6.5~7.5で、海生生物とくに海藻類はpH8程度ですので、生化学用途としてはpH6~8の範囲を緩衝できるものでなければなりません。Goodらは生化学緩衝剤としての望ましい条件を考慮して、Zwitter ion構造をもつ各種のアミノエタンスルホン酸、アミノプロパンスルホン酸誘導体を合成し、その有用性を明らかにしました。
【特長】
・水に良く溶け、濃厚な緩衝液が作成可能。
・生体膜を透過しにくい。
・酸解離平衡が濃度、温度、イオン組成の影響を受けにくい。
・金属イオンとの錯形成能が小さい。
・化学的に安定で、再結晶による高純度精製が可能。
・可視、紫外部に吸収を持たないために、目的成分の検出が容易である。
(Wako Bio Window No. 81, p19 (2007.4))

物性情報

外観 1mol/l (238.3g/l)溶液

製造元情報

別名一覧

  • HEPESバッファー溶液
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。