動物細胞用試薬

細胞培養とは、動物や植物などの生体組織から分離した細胞を体外で増殖・維持することです。その生体外で培養している細胞のことを培養細胞と呼びます。生体組織から細胞を採取し、最初の植え替え(継代)を行うまでを初代培養、培養細胞を新たな培養容器へと移し替えて増殖、維持することを継代培養と呼びます。培養細胞には、接着細胞と浮遊細胞があります。接着細胞は、培養容器に付着して増殖し、浮遊細胞は培地内で浮遊した状態で増殖します。この状態は細胞が由来する生体の状態を反映します。また、培養細胞を用いた研究では、生体に比較してより単純な実験系で種々の生命現象を解析できます。

細胞を増殖させるためには、培地以外に、ウシ胎児血清(FBS:Fetal Bovine Serum)やサイトカインのようなタンパク質が必要です。接着細胞を継代するためには、培養容器と細胞間の接着、あるいは細胞間の接着を剥がすためにトリプシンのような細胞分散・剥離試薬が使用されます。ほかにも接着細胞を培養するためには細胞と培養容器の接着を介する細胞外基質が必要になることもあります。また、培養細胞の長期間保管には細胞を凍結保存しますが、培養に使用する培地を用いると、凍結融解後の生存率が良くありません。そのため、細胞の凍結保存時には培地にDMSO(ジメチルスルホキシド)を添加したものや、専用の凍結保存溶液を使用します。当社では、一連の細胞培養に使用する製品を幅広くラインアップしています。そのため、用途に合わせて適切な製品を選んでいただくことができます。

製品ラインアップ