DMSOフリー、アニマルフリーの凍結細胞保存液

SOFORO Cryo

サラヤ社の「SOFORO Cryo」は、ソホロースリピッド(SL)を配合したDMSOフリーの細胞用凍結保存液です。融解後の細胞生存率が高く、細胞毒性が低いため、解凍後は保存液を除去する必要がなく、そのまま培養できます。DMSO不含に加え、動物由来成分不含 (アニマルフリー)、タンパク質不含のケミカルディファインド組成です。

  • ソホロースリピッド:糖と油から発酵によって作られた糖脂質で、水晶形成の抑制効果があります。

ソホロースリピッドの効果 -ソホロースリピッド(SL)は、糖と油から発酵によって作られた糖脂質です-

SLの水晶形成抑制効果

水晶観察

走査型プローブ顕微鏡 (AFM5000/AFM5300、日立ハイテクサイエンス製) の冷却ステージにて試験試料を凍結させ、光学顕微鏡で観察した。
*大阪大学ナノテクノロジー設備共用拠点の支援で実施した。

SL添加による凍結保存効果

GlyにSLを添加すると、未添加 (0% SL) と比べて細胞の生存率が上昇する傾向が見られた。

*P<0.05, **P<0.01
Gly : グリセリン

SOFORO Cryoの効果 –ヒト間葉系幹細胞(hMSC)-

hMSCへの凍結保存効果 (生存率と遺伝子発現)

SOFORO CryoはDMSOおよびGlyと比べて、7日培養後の生細胞率が最も高かった。また、遺伝子発現についても未凍結 (Unfreated) の細胞と同程度で、変動は見られなかった。

*P<0.05, **P<0.01
SOFORO Cryo : SL, Gly, 無機塩類

hMSCへの凍結保存効果 (細胞への影響)

SOFORO Cryoでは融解後に除去せずに1時間培養した場合にDMSOおよびGlyに比べて未凍結 (Unfreated) に近い形態を維持し、細胞への影響が少なかった。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。