共培養が変わる

水平型共培養容器 UniWells™

UniWells

UniWells™ Horizontal Co-Culture Plateは2つのウェルを横方向につなげた新しい共培養容器です。

これまでの培養溶液を共有する代表的な容器は、セルカルチャーインサートと呼ばれる上下に重ねるタイプの培養容器でした。不都合な点として、細胞の底面の素材が異なるため細胞の挙動も異なることや、相互の細胞を同時に顕微鏡で観察できませんでした。また、フィルターの上に細胞が位置するため、細胞数が増えると共培養効果が低下するという欠点がありました。さらには、容器同士の容量が大きく異なるため、培養液中に分泌された物質の希釈効果も加わり、共培養効率は高くはありませんでした。それらの欠点を解消するために、横に接続する方式の細胞培養容器を新たに作りました。

これまで困難だった相互作用の同時観察のみならず、効果的な共培養を行うことができるようになりました。サイズは、一般的なプレパラートサイズになっていますので、これまでの各種研究機器が利用可能です。フィルターも、13 mm直径であれば、自由に選ぶことができます。多種多様の共培養実験が可能です。

特長

  • 2細胞の顕微鏡観察が容易かつ同時観察が可能
  • ウェル間のフィルターが目詰まりしにくい
  • それぞれの細胞を独立して培養可能

横型のメリットとは

同じ培地量で実験できる

  • 従来品

    従来の縦型共培養容器は、下側の培地量が多く、上側の細胞分泌因子が希釈されてしまう。
  • UniWells™

    Uniwells™なら左右同じ培地量で培養が可能。

 

細胞がフィルターを塞がない

  • 従来品

    従来の縦型共培養容器は、フィルターを細胞が塞いでしまい、細胞分泌因子のフィルター通過を阻害する。
  • UniWells™



    Uniwells™なら細胞が増殖してもフィルターを塞ぎません。

使用例

エクソソームの取り込み

細胞から放出されるエクソソームが拡散し、フィルターを透過して別の細胞に取り込まれるかを確認するため、UniWells™ Horizontal Co-Culture Plateを使用して下記実験を行いました。

UniWells™を使用することで細胞が混ざることなく、エクソソームのみを透過させることができました。これにより別の細胞へのエクソソームの取り込みを簡便に調べることが可能になりました。

エクソソーム透過効率の比較

従来の共培養容器およびUniwells™の一方に、同じ数の細胞を播種しました。細胞を播種して24 時間後に共培養を開始し、更に播種から48 時間後、共培養容器それぞれに存在するエクソソームをNanoSight で測定しました。本実験では全体の培地量は同じにしています。

UniWells™の方が従来品よりもフィルターを通過しているエクソソームが多かった。

使用方法

  • 接続しての使用

    フィルター、O-リング、カバーをはめこんで接続します。

    ※フィルターのみ別途購入が必要です。

    接続方法は下記の2種類の方法があります。

    A) 単体で培養していたウェルを、一度培養液を吸引して接続する
    B) 最初に接続し、培養液量を増やして共培養状態にする

  • 単体での使用

    共通蓋とカバーをはめこめば使用可能です。

    顕微鏡での使用

    スライドガラスサイズのアダプターにセットすれば、顕微鏡での観察が容易にできます。

    ※アダプターは本体に附属しています。

培地容量について

400µL未満の培地量の場合、ウェル間で培地は共有されません。

片側の最大培地容量は1.8 mLです。

培地容量の目安

底面から、共有しない水平面までの高さは、約6 mmです。実際には、観察面の厚みもありますので、5 mm程の高さがあります。液体容積にして、400 µLで共有しない液面ぎりぎりに近くなります。300 µLだと、ジョイント部分より下に液面があります。ドッキングや移動の際の振動、加えた溶液の表面張力によっては、400 µLでも結合部分に達する場合があります。

共有させる場合の培養液容量は、1800 µLから2000 µL程度になります。あまり多いと、蓋に培養液が付着しますので、実際には、目視しながら蓋につかないような量の培養液を入れてください。フィルターを入れている場合は、フィルターがすべて覆われる量まで、培養液を入れてください。

単体培養も横の蓋をつければ可能ですが、接続(結合)した状態でも、培養液を400 µL以下にすれば、共有させない状態での培養が可能です。

任意のタイミングで、培養液を足せば共有状態を簡単に作ることができます。長期間の培養でなければ、400 µLの培養液でも十分に培養が可能です。

よくある質問

材質は何ですか?

UniWells™ 本体の材質はポリスチレンで、共通蓋の材質は低密度ポリエチレンです。またフィルター(別売)にはタンパク質が吸着しにくいポリカーボネートを使用しております。

滅菌の必要はありますか?

梱包後に電子線滅菌を行っておりますので不要です。ポリスチレンや低密度ポリエチレンは耐熱温度が低いため、オートクレーブなどはできません。原則として本製品は再利用できません。

コーティングはされていますか?

UniWells™ はコーティングされておりませんので、必要に応じてコーティングを行ってください。

播種細胞数の目安はありますか?

株式会社ギンレイラボではNHDF(ヒト線維芽細胞)やPANC-1(ヒト膵癌培養細胞)を、5 x 104 個/mL に調製したものを1 ウエルに190 μL 入れています。24時間後、細胞が接着した時には、40 〜50%くらいのコンフルになっています。ただし適切な細胞数は、目的とする実験や細胞の種類により大きく異なりますので、条件検討が必要です。

どのような顕微鏡で観察できますか?

Uniwells™ はスライドグラスと同じサイズであるため、様々な顕微鏡で使用できます。CQ1(横河電機株式会社)、JuLI™ Stage(エア・ブラウン株式会社)については顕微鏡メーカーでも使用可能であることを確認しております。

共培養時に2つのウェルで溶液が均一になるのにどのくらいかかりますか。

UniWells™ Filter 0.6 µm (コードNo. 388-14441)の場合、グルコースは24hで同じ濃度となります。タンパク質の場合は48hで70%程度です。

フィルターを入れた実験で、液性因子の通過が少ないのですが。

タンパク質やエクソソームなどは、フィルターにも、容器にも、抽出するキットにも付着します。ポジティブコントロールサンプルで十分回収できている場合(抽出過程に問題がない場合)、まずは培養した条件やフィルターの処理を確認してください。よくあるケースでは、①培養液が少ない場合や、②フィルターを十分に脱気していない場合があります。

① 培養液量が少ない場合:フィルターが培養液に接する面積が少なくなり、著しく共培養効果が低下します。

  • × 悪い例 (培養液量1 mL)
    通路およびフィルターが培養液で覆われていません。共培養効果が著しく低下します。

  • ○ 良い例 (培養液量1.5 mL)
    通路およびフィルターが培養液で覆われています。これ以上培養液を入れると、上蓋を嵌めた際に蓋と液面が接着してしまい、表面張力で蓋から溢れ出す可能性があります。

② フィルターを十分に脱気していない場合:使用前に十分に脱気しないと、空気が残存し孔を塞いだままになり、共培養効果が低下します。

[脱気方法]
5分程度使用する培養液に浸しておき、ピンセットでフィルターをつまんで、よくすすいで取り出す。
※推奨※ 培養液に浸す前に70%エタノール3分処理する、あるいは培養液に浸して超音波振動で脱気すると効果的です。

フィルター処理による透過性の違い (株式会社ギンレイラボ提供)

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

UniWells™ Horizontal Co-Culture Plate

培養容器本体 (材質:ポリスチレン)

UniWells™ Filter 0.6 µm

専用フィルター (孔径0.6 µm)

UniWells™ Filter 0.03 µm

専用フィルター (孔径0.03 µm)

UniWells™ Adapter 96

96ウェルプレートサイズのホルダー
UniWells™本体を8個セット可能
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。