スフェロイド作製、幹細胞の分化・誘導、三次元モデルによる薬効試験・創薬スクリーニングに

PrimeSurface® シリーズ

PrimeSurface®は超親⽔処理により、細胞の接着が抑えられます。幹細胞の分化・誘導、三次元モデルによる薬効試験・創薬スクリーニングに最適です。
96ウェルプレート(V底、U底、U底⽩⾊、紡錘底)、96スリットウェルプレート(紡錘底)、384ウェルプレート(U底、U底白色)、24ウェル平底プレート、シャーレ(35 mm,60 mm,90 mm)を取り揃えております。

特長

■簡単に細胞凝集塊(スフェロイド)を形成
96ウェルプレートに細胞を播種、静置培養するだけで簡単に細胞の凝集塊が得られます。

■凝集塊の⼤きさが均⼀
培養⾯への細胞接着を抑制しているため、凝集塊の形成率も⾼く細胞形態ムラなく均⼀に培養できます。

■分化の研究に最適
ES細胞から胚葉体(EB体)を形成し、そのまま分化誘導試薬を添加する事ができます。

■表⾯処理剤の溶出がありません
基材表⾯と化学的に結合した表⾯処理のため、処理剤の溶出がありません。

■細胞への刺激が少ない
培養表⾯からの刺激が少ないので外部因⼦に敏感な分化研究、刺激応答研究などに適しています。

用途

・ES細胞分化研究
・マクロファージや樹状細胞の刺激応答研究
・上皮系細胞の三次元培養 (機能維持・細胞形態観察)
・細胞間相互作用の研究
・神経幹細胞分化研究

スフェロイド形成の原理とプレートのウェル形状

スフェロイドを用いた薬剤スクリーニング

 

  • 【 蛍光顕微鏡観察 】

  • 【 抗がん剤の薬効測定 】

マウスES細胞 凝集塊(胚葉体)形成過程

《培養器》PrimeSurface® MS-9096M
《使用細胞》mES細胞 129SV
《播種密度》1,500 cells/well
《使用培地》DMEM+4.5 mg/mL Glc.+15%(v/v)非働化FCS+1%(v/v)NEAA+L-Glutamine(2 mM)+β-Mercaptethanol(110 μM/mL)+1%(v/v)Pen.-Strep.
《培養条件》5% CO2、37℃

ウェルの形状によるスフェロイド形成状態の相違

データご提供 : 近畿大学医学部ゲノム生物学教室 西尾 研究室

各種シャーレによる細胞接着性の比較

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

PrimeSurface® 96ウェルプレート

PrimeSurface® 96スリットウェルプレート

PrimeSurface®384ウェルプレート

PrimeSurface® 24ウェル平底プレート

PrimeSurface®シャーレ

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。