組織培養に

合同酒精 ディスパーゼ

ディスパーゼはペプチド鎖の中性、非極性アミノ酸のN末端側を切断する金属プロテアーゼです。
組織から上皮細胞をシート状に剥離させることができ、古くから初代培養のための細胞分離および分散に利用されてきました。また、トリプシンやコラゲナーゼなどのプロテアーゼと作用が異なり、細胞障害が少なく、より穏やかな細胞分散を示す特徴から、ES・iPS細胞など再生医療の分野でも応用されています。
本製品は、動物由来原料不使用の製品です。

製品情報

DISPASE Ⅰ DISPASE Ⅱ
性状 結晶酵素、滅菌品 粉末酵素、非滅菌品
包装形態 6バイアル 1 g
酵素活性 10,000-13,000 PU / バイアル 300,000-360,000 PU / g
添加物など 製品中に酢酸カルシウムを含む。 製品中にデキストリン及び、酢酸カルシウムを含む。
保存・有効期限 2~10 ℃で製造後2年間 (未開封)
溶解後は-20 ℃以下で凍結保存し、6ヶ月以内に使用して下さい。

特長

  1. ディスパーゼはPaenibacillus sp. (旧名:Bacillus polymyxa) 由来の中性金属プロテアーゼです。
    活性中心にZn2+を持ち、その活性はCa2+により安定化されます。
  2. 血清中の成分により酵素活性が阻害されることはほとんどなく、血清の有無に関わらず使用可能です。
    酵素反応の停止は、EDTAの添加や反応液の希釈で簡単にできます。
  3. 基底膜を構成するⅣ型コラーゲンやフィブロネクチンをよく分解する特徴があり、上皮細胞を組織からシート状に剥離させることが可能です。
  4. トリプシンやコラゲナーゼなどのプロテアーゼと作用が異なり、細胞障害が少なくより穏やかな細胞分散を示します。
  5. 作用条件が比較的広範囲であることから、酵素濃度、処理時間、温度およびpHを種々の条件にして酵素を作用させることが可能です。
  6. 細胞培養温度として一般的な37℃において安定であり、細胞種によっては本製品を培地に添加することで浮遊培養が可能となります。
  7. 本製品には、動物由来原料の使用はなく、マイコプラズマの混入はありません。

作用条件・使用例

酵素濃度 100~2,000PU/mL
溶解液 Ca2+を含む緩衝液、または培地 (血清を含んでも良い)
反応時間 30分~数日間
反応温度 室温~37℃
反応pH 6.5~9.0
阻害因子 EDTA, Fe3+, Fe2+, Ni2+, Cu2+, Al3+, Zn2+

※1PUとは、カゼイン分解法により、1分間に1 μgのチロシンを遊離する酵素活性をいう。

00527_img01.jpg

参考文献

Matsumura T, et al. Jpn. J. Exp. Med. 45, 377-382 (1975).
Matsumura T, et al. Jpn. J. Exp. Med. 45, 383-392 (1975).
Rheinwald JG, et al. Cell. 6, 317-330 (1975).
Green H, et al. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 76, 5665-5668 (1979).
Kawakita T, et al. Invest. Ophthalmol. vis. Sci. 50, 4611-4617 (2009).
Kitano Y, et al. Br J Dermatol. 108, 555-560 (1983).
Thomson J.A, et al. Science. 282, 1145-1147 (1998).
Yan X, et al. Stem Cells Dev. 19,469-480 (2010).
Kurt S. Stenn, et al. J. Invest. Dermatol. 93, 287-290 (1989).

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。