GMP準拠(自主基準)酵素

天野エンザイム Collagenase "Amano" GMP (17mg) /Thermolysin "Amano" GMP (15mg)

Collagenase "Amano" GMP (17mg) およびThermolysin "Amano" GMP (15mg) は再生医療分野でご使用いただけるよう、GMP(自主基準)に準拠し製造した酵素です。動物由来原料を一切使用せず、無菌性を保証した環境下で製造しております。

規格・特長

  • Collagenase "Amano" GMP
    規格 包装形態 17mg-protein (mgP)/vial
    活性※1 200U/vial (FALGPA method)以上
    タンパク含量 15.4-19.0 mg-protein (mgP)/vial
    エンドトキシン ≦50 EU/mg-protein (mgP)
    無菌試験 適合
    特長 性状 白色粉末(凍結乾燥)
    至適pH 7.0 (pH 6.5-8.5で安定)
    至適温度 30 ℃ (40 ℃以下で安定)
  • Thermolysin "Amano" GMP
    規格 包装形態 15mg-protein (mgP)/vial
    活性※2 219,000 PC/vial (FCC method)以上
    タンパク含量 13.7-16.03 mg-protein (mgP)/vial
    エンドトキシン ≦50 EU/mg-protein (mgP)
    無菌試験 適合
    特長 性状 白色粉末(凍結乾燥)
    至適pH 8.0 (pH 5.0-8.5で安定)
    至適温度 65-70 ℃ (70 ℃以下で安定)

※1 活性定義:1分間に1μmolのN-[3-(2-Furyl)acryloyl]-Leu]を生成する酵素量を1unitとする。
※2 活性定義:1分間に1.5μgのL-チロジンの吸光度に相当する物質を遊離する酵素量を1PCとする。

アプリケーションデータ

ヒト由来脂肪組織処理

Collagenase "Amano" GMP (17mg) とThermolysin "Amano" GMP (15mg)の混合品によるヒト脂肪組織の分散効率を他社製品と比較。

  • 脂肪組織からの間質血管細胞群(SVF)回収において、高い効率を示した(Fig.1)。
  • 本品より得られたSVFが2週間程度の培養において、良好な細胞増殖効率を示した(Fig.2)。

  • Fig.1 SVF細胞数比較
  • Fig.2 Fig.1にて取得したSVF細胞からの細胞増殖の経時変化

Data adoped from CellSource Co., Ltd..

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

コラゲナーゼ

サーモリシン

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。