汎用動物細胞の凍結保存溶液

CultureSure® 凍結保存溶液

本製品は、汎用動物細胞の凍結保存に適した無血清の細胞凍結保存溶液です。緩慢凍結法を用いて高生存率で細胞を凍結保存できます。なお、本製品は BSA と DMSO を含有しています。

特長

  • 血清含有品と同等の性能をもつ無血清の凍結保存溶液
  • 緩慢凍結法で凍結可能(プラグラムフリーザーが不要)
  • -80℃での長期保存が可能
  • 試薬の調製が不要

試験項目

  • 無菌試験
  • エンドトキシン
  • マイコプラズマ試験

使用方法

【1. 凍結保存】

  1. 細胞をチューブに収集する。
  2. 遠心し、上清を除去する。
  3. チューブに本品を添加し、懸濁する。
  4. 懸濁液を保存用チューブに分注する。
  5. 保存用チューブを-80℃で一晩凍結させる。
  6. -150℃、あるいは-80℃で保存する。


【2. 融解】

  1. 凍結保存しておいたチューブを37℃の温浴槽で融解させる。
  2. 培養に使用する培養用培地で懸濁する。
  3. 遠心し、上清を除去後、培養用培地で懸濁する。
  4. 培養容器に播種する。

凍結保存データ①:-150℃, 2ヶ月間

【凍結保存】
1~2×106cells を本製品 1 mL に懸濁して、保存チューブに分注。-80℃で 1 日凍結させた後、-150℃で 2 ヶ月間保存。


【融解】
37 ℃の温浴槽で融解し、生存率を測定。

血清含有凍結保存溶液と同等の細胞生存率を維持している。

凍結保存データ②:-150℃, 30ヶ月間

【凍結保存】
1~2×106cells を本製品 1 mL に懸濁して、保存チューブに分注。-80℃で 1 日凍結させた後、-150℃で 30 ヶ月間保存。


【融解】
37 ℃の温浴槽で融解し、生存率を測定。

30 ヶ月の長期保存でも細胞の高い生存率は維持されている。

凍結保存データ③:-80℃, 1ヶ月間

【凍結保存】
1~2×106cells を本製品 1 mL に懸濁して、保存チューブに分注。-80℃で 1 ヶ月間保存。


【融解】
37 ℃の温浴槽で融解し、生存率を測定。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。