カートに追加しました

比較表に追加しました

PD-98059 PD-98059

生化学用
for Biochemistry
規格含量 :
95.0+% (HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
CAS RN® :
167869-21-8
分子式 :
C16H13NO3
分子量 :
267.28
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
169-19211
JAN
4987481372276
5mg
希望納入価格
19,500 円

12

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 Mitogen Activated Protein Kinaze(MAPK)-1阻害剤。
インシュリンによるMAPキナーゼ活性化を阻害したり
レプチン(肥満調節ホルモン)によって引き起こされた
細胞増殖及びMAP活性の増加を完全にブロックしたとの
報告がある。PD-98059により前処理した静止細胞は(ペロ
キシゾーム増殖剤により誘発された)先発型初期遺伝子
c-fos,eggr-1の発現を大幅に抑制する事が解明されている。
MAP(Mitogen Activated Protein)キナーゼ(MAPK)は細胞外からのストレス、特に増殖・分化因子による刺激により活性化するセリン/スレオニンキナーゼの一種です。あらゆる真核生物に存在し、さまざまなシグナル伝達経路において重要な役割を演じています。MAPKはりん酸化によりMAPキナーゼキナーゼ(MAPKK),MAPキナーゼキナーゼキナーゼ(MAPKKK)の3種類が知られています。最近では近縁のカスケードが存在することが知られ、p38MAPK,JNK,MEK1/2,ERK3/5カスケードなどが報告されており、さらに詳細な研究が進められています。
≪ES・iPS細胞の未分化能維持、リプログラミング効率向上≫
ES細胞の自己増殖を促進する。
(Wako BioWindow DEC.2014/No.134, p26)

物性情報

外観 うすい黄色~黄褐色, 結晶性粉末~粉末又は塊
溶解性 エタノール及びアセトンに溶け、水にほとんど溶けない。
融点 164〜165℃

製造元情報

別名一覧

  • 2-(2-アミノ-3-メトキシフェニル)-4H-1-ベンゾピラン-4-オン
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。