カートに追加しました

比較表に追加しました

ラパマイシン(異性体混合物) Rapamycin (mixture of isomers)

細胞生物学用
for Cellbiology
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
CAS RN® :
53123-88-9
分子式 :
C51H79NO13
分子量 :
914.17
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
184-02531
JAN
4987481499126
1mg
希望納入価格
20,000 円

14

販売元
180-02533
JAN
4987481499133
10mg
希望納入価格
54,000 円

20以上

販売元
188-02534
JAN
4987481499140
50mg
希望納入価格
180,000 円

3

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 〈抗生物質・抗腫瘍・抗菌・抗ウイルス物質〉
Tリンパ球の増殖を阻害するマクロライド系免疫抑制剤です。
FK506の構造類似体であり、FK506と同様にFK506結合タンパク質(FKBP)と結合しますが、FK506とは異なり、カルシニューリンの活性は阻害しません。ラパマイシンとFKBPの複合体はmTORに結合し、mTORのキナーゼ活性を阻害することにより、IL-2からのシグナルを阻害します。細胞周期G1/S期の移行を阻害する働きがあります。
マクロライド系免疫抑制剤です。FK506の構造類似体で、FK506結合タンパク質(FKBP)と結合しますが、カルシニューリンの活性は阻害しません。ラパマイシン-FKBP複合体は、mTORのキナーゼ活性を阻害することにより、IL-2からのシグナルを阻害します。細胞周期G1/S期の移行を阻害します。
和光純薬時報 Vol.78 No.4 p.25 (2010.10)
マクロライド系抗生物質。免疫抑制剤。FK506の構造類似体。カルシニューリンの活性は阻害しない。FKBPとの複合体は、mTORのキナーゼ活性を阻害し、IL-2からのシグナルを阻害。細胞周期G1/S期の移行を阻害。
Wako Bio Window No.105, p.12 (2010.10)

物性情報

外観 白色〜褐色, 結晶性粉末〜粉末
起源 Streptomyces hygroscopicus
溶解性 メタノール溶状:試験適合

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。