生理活性物質/医薬品成分/毒素

生理活性物質とは生命現象に微量で関与し、影響を与える化合物です。ビタミンや補酵素、ホルモン、抗生物質、神経伝達物質、サイトカインなどが例として挙げられ、低分子化合物からペプチド・タンパク質までその形態は様々です。主に生体機能の調節に働いており、医薬品としても利用されています。

毒素は物理的あるいは化学的反応により生体の恒常性や生理機能に変調をきたす物質を指します。毒素は生物にとって有害なものですが、特定の化学反応を阻害する毒素は生体の炎症反応やシグナル伝達など生命現象のメカニズム解明に貢献しています。

製品ラインアップ