パーキンソン病研究用化合物

パーキンソン病は、脳内の黒質にある神経細胞が変死することにより、ドーパミン量が減少することが原因とされています。そのため、ドーパミン量を増やす様々な化合物が研究されています。当社ではドーパミン前駆体、ドーパミン受容体アゴニスト、ドーパミン放出促進物質など幅広くラインアップしております。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

シヌクレイン, ヒト, 組換え体

ドーパミン前駆体・関連物質

ドーパミン・ドーパミン代謝物

ドーパミン放出物質

ドーパミン合成促進物質

ドーパミン関連その他

ドーパミン受容体アゴニスト

ノルアドレナリン前駆体

抗コリン作用物質

パーキンソン病モデル動物作製用試薬

その他

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。