高効率で細胞内へタンパク質・薬物、抗体を送達可能

ペプチド研究所 L17E Cytosolic Delivery Peptide

L17E は, これまでの細胞膜透過ペプチド (CPP) の課題であったエンドソームから細胞質への低い放出効率を劇的に改善したペプチドです。生理活性タンパク質や薬物、抗体の細胞内送達ツールとして利用され、医学や創薬分野の発展に貢献することが期待できます。

本化合物は、京都大学より特許実施許諾を受けて、株式会社ペプチド研究所が製造販売を行っています。
ペプチド研究所では、 薬物と L17E とのコンジュゲートなど、各種修飾反応も承ります。お気軽にお問い合わせください。

L17E を用いた抗体の細胞内送達機構

参考文献

  1. M. Akishiba, T. Takeuchi, Y. Kawaguchi, K. Sakamoto, H. Yu, I. Nakase, T. Nakase, F. Madani, A. Graslund, S. Futaki, Nature Chemistry, 9, 751 (2017). DOI:10.1038/nchem.2779
  2. WO2016/052442 A1

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。