COX阻害剤

シクロオキシゲナーゼ(COX)は、アラキドン酸カスケードにおいて、アラキドン酸からプロスタグランジンを合成する酵素で、COX-1、COX-2の二つのアイソフォームがあります。
COX-1はほとんどすべての細胞に存在しており、胃粘膜の保護や、血小板機能の維持などに関与するプロスタグランジンを産生しています。
一方、COX-2は、通常細胞内にはほとんど存在せず、炎症部位でサイトカインや増殖因子などの刺激により発現が誘導され、炎症、疼痛、発熱などに関与するプロスタグランジンを産生し、炎症反応などを進行させます。
非ステロイド系抗炎症剤(NSAIDs)は、COX阻害剤であり、COX-2を阻害することにより抗炎症、鎮痛、解熱作用を示します。従来のNSAIDsは、COX-1阻害活性も有するため、胃腸障害などの副作用があると考えられており、新たに、COX-2特異的な阻害剤が開発されています。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

COX阻害剤

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。