統合失調症研究用化合物

中脳辺縁系ニューロンでのドーパミンの過剰が統合失調症の陽性症状に関与しているとの仮説が報告されています。また、ドーパミン神経系を抑制するセロトニン神経系とドーパミン神経系のバランスが崩れ、中脳皮質系においてセロトニン神経系が優位になっていることが統合失調症の陰性症状に関与しているとの仮説も報告されており、セロトニンおよびドーパミンを含む多くの因子が研究されています。

当社では、セロトニン・ドーパミン受容体遮断化合物をはじめ、様々な化合物をラインアップしております。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

セロトニン・ドーパミン受容体遮断化合物

多元受容体遮断化合物

ドーパミン受容体部分アゴニスト・アンタゴニスト

ドーパミンD2受容体遮断化合物

統合失調症モデル動物作製用化合物

カンナビノイド受容体関連化合物

セロトニン関連物質

ノルアドレナリン関連化合物

ノルアドレナリン関連その他

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。