エンドトキシン関連の研究に

ペプチド研究所 Lipid A(E. coli), Lipid IVa、Lipid A(Salmonella)

エンドトキシンの活性本体であるリピド A の構造研究は1970年代に O. Westphal らが開始して以来、天然より得られるものの不均一性のため長年にわたり真の構造を明らかにするには至りませんでした。しかし T. Shiba らは1980年代に入り、大腸菌リピド A を純粋に単離し構造決定を行い1) 、さらにその全合成に成功し構造を確定いたしました2)

その後、合成リピド A は市販されていた時期もありましたが製造中止となり、長期間合成品が手に入らずエンドトキシン関係の研究者から切望されていました。 ペプチド研究所では Lipid A(E. coli)(Compound 506, LA-15-PP)並びに Lipid IVa(Compound 406, LA-14-PP, Precursor Ia)を販売しています。化学合成品ですので天然由来の不純物混入の心配がなくご使用していただけます。

構造

  • Lipid A(E. coli)
    [Compound 506, LA-15-PP]
  • Lipid IVa
    [Compound 406, LA-14-PP, Precursor Ia]
  • Lipid A(Salmonella)

参考文献

  1. Tetrahedron Lett., 26, 907 (1985)
  2. Bull. Chem. Soc. Jpn., 60, 2205 (1987)

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。