アルツハイマー病研究用化合物

アルツハイマー病患者の脳内の病変として形成される老人斑の主成分であるアミロイドβ(Aβ)は、アルツハイマー病の原因とし考えられています。また、微小管結合タンパク質の一つで、主に中枢神経系の神経細胞に発現しているTauは、アルツハイマー病の原因究明や治療薬開発のために研究されています。当社ではAβ 及びTauに対するELISAキットを販売しております。併せてアルツハイマー病に関する生理活性物質を幅広くラインアップしております。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

Tauタンパク質

ペプチド研究所 Amyloid β-Protein Fragments

ペプチド研究所 Amyloid β-Protein Control Peptides

コリンエステラーゼ阻害剤

セクレターゼ阻害剤

シクロオキシゲナーゼ阻害剤

Glycogen Synthase Kinase 3(GSK-3)阻害剤

グルタミン酸受容体関連化合物 (NMDA型受容体アゴニスト・アンタゴニスト)

グルタミン酸受容体関連化合物 (カイニン酸型受容体関連化合物)

グルタミン酸受容体関連化合物 (AMPA型受容体関連化合物)

グルタミン酸受容体関連化合物 (代謝調節型グルタミン受容体関連化合物)

セロトニン 5-HT6受容体アンタゴニスト

ギャップ結合ヘミチャネル阻害剤

グルタミナーゼ阻害剤

その他

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

アルツハイマー病研究用ELISAキット

アルツハイマー病研究用抗体

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。