siyaku blog

- 研究の最前線、テクニカルレポート、実験のコツなどを幅広く紹介します。 -

合成・材料

合成・材料

1,2-還元と1,4-還元

本記事はWEBに混在する化学情報をまとめ、それを整理、提供する化学ポータルサイト「Chem-Station」の協力のもと、ご提供しています。

α,β-不飽和カルボニル化合物を還元する場合には、以下の3種類の生成物が得られる可能性があります(図1)。この選択性の制御は、有機合成における重要な研究課題のひとつになっています。

合成・材料

SDFって何?~化合物の表記法~

本記事はWEBに混在する化学情報をまとめ、それを整理、提供する化学ポータルサイト「Chem-Station」の協力のもと、ご提供しています。

みなさま、SDFってご存じですか?例えば、海外試薬メーカーのカタログを貰おうとすると「SDFで送ります」とか、ComputerChemistとの構造式のやり取りで「化合物一覧をSDFで送ってほしい」などと言われたりします。「構造式の表記の1つ」という認識の方が多いと思いますが、SDFなどの構造表記法の裏側には「ヒト」と「コンピューター」の認識差が潜んでいます。それらの化合物表記法を幾つか紹介します...

合成・材料 分析 研究全般

ケミカルニュースレター 2020年度注目記事TOP5!

今年度クリック数が多かった記事を、第5位から第1位までランキング形式でまとめてみました。その時何があったかを振り返りながら、眺めてみてはいかがでしょうか?リンク先から各製品もご確認いただけます。

合成・材料

カプロラクタム (caprolactam)

本記事はWEBに混在する化学情報をまとめ、それを整理、提供する化学ポータルサイト「Chem-Station」の協力のもと、ご提供しています。

カプロラクタムは、環構造を持つ炭素数6のアミドです。ナイロンの原材料となる分子です。その1種であるε-caprolactam はポリアミド系繊維であるナイロン6(nylon-6)の単量体です。少量の水の存在下で加熱すると、環のアミド部分が開いて次々と鎖状に結合する開環重合が進行してナイロン6が得られます。この合成法は1941年に東レが中心になって開発されました。

合成・材料

キャピラリー電気泳動の基礎知識

本記事はWEBに混在する化学情報をまとめ、それを整理、提供する化学ポータルサイト「Chem-Station」の協力のもと、ご提供しています。

機器分析手法の一つ、キャピラリー電気泳動(Capillary Electrophoresis)の基礎知識について紹介します。有機系の研究室ではあまりなじみのない分析手法かもしれませんが、主に微量のイオン性試料を精密に定性・定量する際に強力なツールです。また、測定対象が非イオン性の中性分子であっても試料調製によって測定でき、幅広い試料の測定が可能となっています。

キーワード検索

月別アーカイブ

当サイトの文章・画像等の無断転載・複製等を禁止します。