カートに追加しました

比較表に追加しました

オランザピン Olanzapine

薬理研究用
for Pharmacology Research
規格含量 :
98.0+% (HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
CAS RN® :
132539-06-1
分子式 :
C17H20N4S
分子量 :
312.43
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
150-03071
JAN
4987481627581
50mg
希望納入価格
10,000 円
販売元
156-03073
JAN
4987481627598
500mg
希望納入価格
60,000 円

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 オランザピンは、ドーパミンD2、D3、D4、セロトニン5-HT2A、2B、2C、5-HT6、α1-アドレナリン、ヒスタミンH1受容体をはじめ、多数の神経物質受容体に対する拮抗作用を示します。
(Wako BioWindow SEP.2013/No.126, p23)
神経物質受容体拮抗剤
オランザピンは、チエノベンゾジアゼピン骨格を有する化合物です。ドーパミンD2、D3、D4、セロトニン5-HT2A、2B、2C、5-HT6、α1-アドレナリン、ヒスタミンH1受容体に高い親和性を示します。また、in vitroにおいてムスカリン受容体に高い親和性を示します。オランザピンは、これらの受容体をはじめ多数の神経物質受容体に対する拮抗作用を示します。 (Wako BioWindow MAR.2012/No.115, p14)
K i=2.5nM (5-HT2A)、11.8nM (5-HT2B)、28.6nM (5-HT2C)、2.5nM (5-HT6)、11nM (ドーパミンD2)、16nM (ドーパミンD3)、19nM (α1-アドレナリン)、7nM (ヒスタミンH1)
(Wako BioWindow NOV.2014/別冊号 vol.1, p6)

物性情報

外観 うすい黄色〜褐色, 結晶〜粉末
溶解性 アセトニトリルに可溶

製造元情報

別名一覧

  • 2-メチル-4-(4-メチル-1-ピペラジニル)-10H-チエノ[2,3-b][1,5]ベンゾジアゼピン
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。