カートに追加しました

比較表に追加しました

TFAP TFAP

細胞生物学用
for Cellbiology
規格含量 :
97.0+% (HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
分子式 :
C13H10F3N3O
分子量 :
281.23
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
205-17381
JAN
4987481482470
10mg
希望納入価格
20,000 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

ラットを用いた胃潰瘍形成試験

a-d) 胃の全容写真; a) vehicle, b) TFAP 300 mg/kg p.o., c) indomethacin 10 mg/kg p.o., d) cの拡大, e) Gastric damage score.

TFAP, IMN = indomethacin, aspirin の経口投与量は、300, 10, 30 mg/kg. 平均値 +SEM, n=4/group, ** p < 0.01 versus vehicle.

各化合物を経口投与し、4時間後に開腹して胃潰瘍形成試験を行い、生じた胃潰瘍の大きさを実体顕微鏡を用いて測定し、その和をGastric damage scoreとして表した。その結果、indomethacin、aspirinは10 mg/kg、30 mg/kgで胃潰瘍形成が認められた(c,dの白矢印部分)が、TFAPは300 mg/kg投与でも胃潰瘍形成が見られなかった。

データ提供:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 加来田博貴先生

鎮痛効果試験

a) マウス酢酸ライジング試験 (平均値 +SEM, n=10-11/group) b) ラットホルマリン試験; ○: vehicle, ▲: indomethacin 30mg/kg p.o., ■: aspirin 30 mg/kg p.o., ●: TFAP 30 mg/kg p.o. (平均値 ±SEM, n=8/group). * p < 0.05, ** p < 0.01 versus vehicle.

各化合物を経口投与した後、酢酸水溶液を腹腔注射、またはホルマリン水溶液を後肢足蹠に注射し、背伸び行動、ひっかき・舐め行動の数を測定し、鎮痛効果を評価した。その結果、TFAPの鎮痛作用が示唆された。

データ提供:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 加来田博貴先生

血管新生抑制試験(CAM法)

平均値 +SEM, n=6/group, * p < 0.05 versus vehicle.

CAM法により、各化合物の鶏卵漿尿膜上での血管新生抑制効果を評価した。 その結果、TFAPは300 ng/CAMで有為な血管新生抑制作用が認められた。

データ提供:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 加来田博貴先生

参考文献

  1. Kakuta, H., Zheng, X., Oda, H., Harada, S., Sugimoto, Y., Sasaki, K., Tai, A. : J. Med. Chem., 51, 2400(2008).
  2. 和光純薬時報, 77(1), 6(2009).

概要・使用例

概要 新規のCOX-1阻害剤です。ラット経口投与時に、大量投与しても胃腸へのダメージがほとんどなく、アスピリンよりも強い鎮痛作用を示します。
COX-1:IC50=0.80μM、COX-2:IC50=210μM

参考文献
Kakuta, H., Xiaoxia Zheng, Oda, H., Harada, S., Sugimoto, Y., Sasaki, K. and Tai, A.: "Cyclooxygenase-1-Selective Inhibitors Are Attractive Candidates for Analgesics That Do Not Cause Gastric Damage. Design and in Vitro/in Vivo Evaluation of a Benzamide-Type Cyclooxygenase-1 Selective Inhibitor", J. Med. Chem., 51, 2400-11 (2008).
(和光純薬時報 Vol.77 No.1(2009), p9)
(Wako BioWindow NOV.2014/別冊号 vol.1, p6)
新規COX-1阻害剤
シクロオキシゲナーゼ(COX)は、アラキドン酸からプロスタグランジンを合成する酵素で、COX-1、COX-2の二つのアイソフォームがあります。非ステロイド系抗炎症剤(NSAIDs)は非選択的なCOX阻害剤であり、COX-2阻害によって抗炎症効果を示すと同時にCOX-1阻害によって胃腸障害等の副作用があると考えられていますが、最近、COX-1のみ阻害する場合は胃腸にダメージを与えないとの報告がされました。
TFAPは、新規のCOX-1阻害剤です。ラットに大量投与しても胃腸へのダメージがほとんどなく、アスピリンよりも強い鎮痛作用を示します。非ステロイド系抗炎症剤(NSAIDs)、胃腸粘膜の炎症誘発メカニズムの研究にご利用下さい。
Wako Bio Window No94, p.21 (2009.2)
使用上の注意 不活性ガス封入

物性情報

外観 白色〜うすい褐色, 結晶〜粉末
溶解性 エタノール溶状:試験適合(1mg/1ml)
エタノールに溶ける。

製造元情報

別名一覧

  • N-(5-アミノ-2-ピリジニル)-4-(トリフルオロメチル)ベンズアミド
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。