カートに追加しました

比較表に追加しました

ジアゼパム Diazepam

生化学用
for Biochemistry
規格含量 :
98.0+% (Titration)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
CAS RN® :
439-14-5
分子式 :
C16H13ClN2O
分子量 :
284.74
適用法令 :
向精神薬
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
045-18901
JAN
4987481250536
500mg
希望納入価格
4,500 円

20以上

注意事項 :
◎「向精神薬試験研究施設設置者登録証」等の許可証が必要です。

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 〈薬理・生理研究試薬〉〈中枢神経系作用物質〉〈向精神薬〉 精神障害治療薬は主として精神病の治療に用いる強力精神安定薬(メジャートランキライザー)、不安感の治療に用いる抗不安薬(マイナートランキライザー)およびうつ状態の治療に用いる抗うつ作用物質に分類されます。〈マイナートランキライザー〉 中枢神経系のベンゾジアゼピン受容体に作用する抗不安薬。静穏, 筋弛緩, 馴化作用。  〈組織細胞化学〉〈実験的動物発症試薬〉疾患の成因や治療法の究明に病的異常動物が利用されている。病的異常動物は実験的発症モデルと自然発症モデルに大別されるが、実験的発症モデルを作製する場合には、このような試薬が用いられる。また、近年では、遺伝子操作法を利用したトランスジェニック動物も盛んに研究されている。 甲状腺機能障害を起こす。 〈細胞研究試薬〉〈細胞内カルシウム研究試薬〉〈カルモジュリン阻害剤〉
ベンゾジアゼピン骨格を基本構造とする化合物群は、中枢抑制作用として抗不安作用、筋弛緩作用、催眠作用、抗痙攣作用、馴化作用を有しています。ベンゾジアゼピンに特異的な受容体は神経終末に局在しており、この受容体に結合するとGABA(γ-aminobutyric acid)のGABA受容体との結合能が増し、結果的に神経細胞膜の興奮性が抑制されると考えられています。これらは主に動物を使った神経系の薬理実験に使用されます。
WAKO BIO WINDOW No.27,p17(2001)。和光試薬時報Vol.67 No.4, p.16(1999)。
神経伝達関連試薬
不安・睡眠研究関連試薬
◆ベンゾジアゼピン系化合物
Diazepam
【概要】
ED50=2.1mg/kg(マウス,投与30分後,馴化作用)、16mg/kg(マウス,鎮静作用)
作用時間:長時間型
(Wako BioWindow NOV.2014/別冊号 vol.1, p38)
用途 神経化学研究用。

物性情報

外観 白色〜うすい黄色, 結晶性粉末〜粉末
溶解性 エーテルにやや可溶、水にほとんど不溶、クロロホルム,アセトンに易溶、無水酢酸,エタノールに可溶。
毒性 TDLo (human-man, orl) 143 μg/kg.
エタノールにやや溶けやすく、水にほとんど溶けない。
融点 130〜134℃

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。