カートに追加しました

比較表に追加しました

インターロイキン−31 (IL-31),マウス,組換え体 Interleukin-31 (IL-31) , Mouse, recombinant

細胞生物学用
for Cellbiology
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
分子量 :
15,800
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
099-05471
JAN
4987481465367
10μg
希望納入価格
41,900 円

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 T細胞由来のIL-31はIL-6,Oncostatin M,LIFやCardiotrophin-1と構造や機能において共通する部分があります。IL-31は免疫応答の調節に関与し、肌の生理機能及び炎症性皮膚疾患に関与することが知られています。このサイトカインはGPL(gp130-like,IL-31RA)とOSMR(オンコスタチンM受容体)から成る受容体複合体を介してシグナル伝達を行います。GPL/OSMRシグナル伝達はSTAT3とSTAT5の強力な活性化を行い、またSTAT1,Jak1及びJak2シグナル伝達経路を活性化します。
Interleukin-31, Mouse, recombinant
サイトカイン類
概要: IL-6, オンコスタチンM、LIFやカルジオトロフィン-1と様々な構造上・機能上の特性で共通点を持つT細胞由来のサイトカインです。GPL(GP130様タンパク質)とオンコスタチンM受容体からなる複合体を介してシグナル伝達を行います。GPL/OSMRシグナル伝達はSTAT3やSTAT5の強力な活性化剤であり、STAT1、Jak1やJak2シグナル経路も活性化します。免疫反応に関連があるIL-31は、肌生理や炎症性皮膚疾患に関与することが示唆されています。
Wako Bio Window No.88, p29 (2008.4)

物性情報

起源 E. coli expressed mouse interleukin-31
溶解性 水に溶ける。
純度 エンドトキシン:<=0.1ng/ug

製造元情報

別名一覧

  • rmIL-31
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。