siyaku blog

- 研究の最前線、テクニカルレポート、実験のコツなどを幅広く紹介します。 -

【クロマトQ&A】:陰イオン界面活性剤分析用 Wakopak® Wakosil AS-AquaとODSカラムの違いは何ですか

本記事は、Analytical Circle No.61(2011年6月号)に掲載されたものです。

陰イオン界面活性剤分析用 Wakopak® Wakosil AS-AquaとODSカラムの違いは何ですか。

Wakopak®Wakosil AS-Aquaは、水質中の陰イオン界面活性剤(アルキルベンゼンスルホン酸塩、以下ABS)の分析用に適するHPLCカラムとして開発されたカラムです。

陰イオン界面活性剤は、水質基準項目(50項目)のひとつで、工場排水、家庭下水などの混入に由来し、水中に存在すると泡立ちの原因となり、汚濁の重要な指標とされています。平成16年4月1日 改正水道法の施行から、陰イオン界面活性剤の測定法として、合成洗剤の有効成分のABSを固相抽出-HPLC法で測定する分析法が採用されました。

合成洗剤由来の、炭素数が10から14で分岐鎖状のABSが分析の対象となり、基準値はトータル値として0.2 mg/Lです。これらのABSをODSカラムで分析すると、分岐鎖が分割傾向を示します(図1)。

Wakopak® Wakosil AS-AquaはABSを炭素数毎に1本のピークとして分離することで、検出感度の向上と定量計算の簡便化、さらに分析時間の短縮、を目的に開発されました。HPLC-蛍光検出法によるABS標準液と洗剤の分析例を図2に示します。また、合成洗剤の有効成分としては含まれない直鎖型のABSは分岐鎖型とは分離しますので判別が可能です。ODSカラムとの測定値の差違に有意差は無く※1 低濃度領域でもより正確な測定が可能です。

固相抽出カラムPresep®C C18(ODS)は水質の影響を受けにくく、ABSの回収率が良好です。併せてご使用下さい。

※1: 東京都健康安全研究センター研究年報 第58号(2007)

 

図1.Wakopak®Navi C18-5, 4.6 x 250 mm (Flow rate : 1.0 mL/min.)
図2.Wakopak®WS AS-Aqua, 4.6 x 250 mm (Flow rate : 0.7 mL/min.)
直鎖型を混合した標準液
HPLC Conditions

Eluent:CH3CN/H2O = 65/35(v/v), NaClO4 12.3 g/1000 mL添加、Detection:Ex. 221nm、Em. 284nm
Injection:10 mg/L(CH3OH), 10 μL、 Sample:陰イオン界面活性剤試験用標準液 (ABS:C10,C11,C12,C13,C14)

キーワード検索

月別アーカイブ

当サイトの文章・画像等の無断転載・複製等を禁止します。