カートに追加しました

比較表に追加しました

アコニチン標準品 Aconitine Standard

生薬試験用
for Crude Drugs Determination
規格含量 :
99.0+% (HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷蔵 (室温輸送)
CAS RN® :
302-27-2
分子式 :
C34H47NO11
分子量 :
645.74
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
019-14621
JAN
4987481212503
20mg
希望納入価格
43,300 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 日本薬局方中の附子(ACONITI TUBER)に含まれる有効成分。
利尿、強心作用を有する。
ブシ含有成分標準品
アコニチン標準品
本品は純度を保証した、当社規格の研究用標準品です。
起源:Aconitum carmichaeli Debeaux, Aconitum japonicum Thunberg(Ranunculaceae)
(和光純薬時報 Vol.75 No.2 p12 (2007.4))
和光純薬時報 Vol.64 No.3 p.5(1996)、Vol.61 No.4 p.21(1993)。
用途 生薬成分定量用標準品。
使用方法 Wakosilを用いたHPLC分離例
 試料量 : 10mg
 溶解液(量) : アセトニトリル(10ml)
 充てん剤名 : Wakosil II 5C18AR
 検出波長 : 254nm
 溶離液 : 0.05mol/lりん酸緩衝液68 + アセトニトリル32
※溶離液の数字は体積比を表します。
Silicagel 70プレートを用いたTLC分離例
 試料量 : 2mg
 溶解液 : メタノール1ml
 薄層板 : Silicagel 70FM Plate-Wako
 展開溶媒 : 1-プロパノール7+アンモニア水3
 検出方法 : 紫外線照射
※溶離液の数字は体積比を表します。

物性情報

外観 白色~ほとんど白色, 結晶性粉末~粉末
起源 生薬起源 : ブシ (Aconitum carmichaeli Debeaux, Aconitum japonicum Thunberg (Ranunculaceae))
溶解性 水, 石油エーテルに殆ど不溶。エタノール, アセトンに可溶。エーテルに微溶。
エタノール及びアセトンに溶け、水にほとんど溶けない。
融点 202〜203℃

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。