アルカロイド類

アルカロイドは、もともとは植物由来の窒素を含む有機塩基類で、強い生物活性を有する化合物群と定義されていましたが、現在では、「アミノ酸や核酸など別のカテゴリーに入る生体分子を除いた、広く含窒素有機化合物」のことを指します。
アルカロイドの中には微量で多彩な生物活性を示し、医薬品として用いられているものも多く、新たな医薬品開発のためのリード化合物としても重要視されています※1
アルカロイドは、多種のアミノ酸から生合成されますが、その起源となる窒素源により種類は多岐にわたります。
当社では種々のアルカロイド研究、試験用試薬を取り揃えています。

※1:日本薬学会HPより

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

イミダゾール系アルカロイド

インドール系アルカロイド

フェニルエチルアミン系アルカロイド

ピペリジン系アルカロイド

プリン系アルカロイド

ピリジン系アルカロイド

キノリン系アルカロイド

イソキノリン系アルカロイド

トロパン系アルカロイド

その他アルカロイド

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。