siyaku blog

- 研究の最前線、テクニカルレポート、実験のコツなどを幅広く紹介します。 -

分析 テクニカルレポート

【テクニカルレポート】有機溶媒取扱業務に従事する作業者の特殊健康診断に最適となる充てん剤は何か?

本記事は、Wako News No.4(1991年3月号)において、和光純薬工業 大阪研究所 上森 仁志が執筆したものです。

Wakosil-II 5C18-100 充てん剤が最適となります。

有機溶媒取扱業務に従事する作業者の健康管理のために、特殊健康診断が年 2 回実施されています。体内に吸収されたトルエン、キシレン、スチレンは代謝されて、それぞれ馬尿酸、メチル馬尿酸、マンデル酸となり尿中に排泄されます。これらの代謝物とクレアチニンは、100 倍希釈尿を直接 HPLC に注入することにより分離定量が可能となります。

カラムサイズをコンパクトに、金属イオンとキレート形成能を有するマンデル酸のピーク形状をよりシャープに検出するためにも保持特性が大きく、しかも高純度シリカゲルを原料とした Wakosil-II 5C18-100 充てん剤が最適となるわけです。

図 1. に Wakosil-II 5C18-100、カラムサイズ 4.6 mm * 100 mm を用い移動相の pH3.0、分析温度 40 ℃で測定した場合のクロマトグラムと、定量時の各成分の再現性データを表 1. に示しましたが、いずれの場合も満足できる結果が得られています。また標準検体を用いたカラムの耐久性テストにおいても 1000 回をクリアーしており、十分に実用性のある分析方法だと確信しています。

wakonews_04_tech_01.png

wakonews_04_tech_02.png

クレアチニンを通常の生化学自動分析装置で測定する場合には、HPLC での同時分析の必要がなくなるため、本分析系からイオンペアー試薬(SDS・Na)を除いて分析が可能になります。この場合、分析時間が約 5 分短縮されます。

測定波長は通常 UV ; 210 nm が使用されますが、ベースラインの安定性などに問題がある場合には、UV ; 235 nm 付近まで実用上なんの支障もなく使用可能となります。参考のため図 2. に UV ; 210 nm と 234 nm で測定したクロマトグラムの比較を示します。

wakonews_04_tech_03.png

移動相の調製の際、β-シクロデキストリン(β-CD)が溶けにくい場合があります。この場合は、スターラ攪拌下、リン酸バッファーの中に少量ずつβ-CD を添加する方法が有効になります。以降、0.45 µm 程度のメンブランフィルターで濾過されることをお薦めします。

キーワード検索

月別アーカイブ

当サイトの文章・画像等の無断転載・複製等を禁止します。