ミクログリアマーカー抗体のスタンダード

抗Iba1抗体

Iba1 (Ionized calcium-binding adapter molecule 1)は、中枢神経系ではミクログリア特異的に発現しているため、ミクログリアマーカーとして利用されています。末梢組織ではマクロファージに発現しており、AIF-1の名でも知られています。当社の「抗Iba1, ウサギ(免疫細胞化学用)」(製品コード019-19741)は、ミクログリアマーカー抗体のスタンダードとして世界中の研究者に使用されています。 

ミクログリア研究試薬カタログ

Iba1とは?

Iba1 (Ionized calcium-binding adapter molecule 1)は、約17 kDaのカルシウム結合タンパク質です。中枢神経系ではミクログリア特異的に発現しているため1)、ミクログリアマーカーとして利用されています。静止型ミクログリアと活性化ミクログリアの両方で発現していますが、活性化ミクログリアでは発現が増加するという報告もあります2)。なお末梢組織ではマクロファージにも発現しており、AIF-1 (Allograft inflammatory factor-1)の名で知られています。

Iba1は細胞内においてF-アクチンと結合し、アクチン線維束を形成する役割を担っています。このアクチン線維束の形成は細胞の移動や貪食の際に観察される細胞膜の波打ち構造形成に必要であると考えられています3)

富士フイルム和光純薬の抗Iba1抗体

当社の「抗Iba1, ウサギ(免疫細胞化学用)」(製品コード019-19741)は、免疫組織染色においてミクログリアの突起まで染色することができるため、ミクログリアマーカー抗体のスタンダードとして世界中の研究者に使用されています。

抗Iba1, ウサギ(免疫細胞化学用)の特長

    • 免疫組織染色(凍結切片)でミクログリアの突起まで染色
    • 使用濃度は1:500-1:1000と、比較的少量で使用することが可能
      ※ 染色の程度はサンプルの状況によります。性能を保証するものではございません。
  • ミクログリアの染色像
    ミクログリアの染色像
    抗Iba1, ウサギ(免疫細胞化学用)

使用文献数の推移と掲載雑誌

抗Iba1, ウサギ(免疫細胞化学用)の掲載論文数は年間1200報を超え、トップジャーナルにも多数掲載されております。

  • 年間使用文献数の推移
    年間使用文献数の推移
    “Iba1 019-19741 Wako” のキーワードにてGoogle scholarで検索
  • 雑誌名 使用文献数 Impact Factor in 2020
    Nature 29 49.962
    Cell 31 41.582
    Science 1 47.728
    Nature Medicine 10 53.440
    Nature Neuroscience 49 24.884
    Nature Immunology 6 25.606
    Nature Biotechnology 4 54.908
    Nature Methods 2 28.547
    Neuron 29 17.173
    Total 161
    掲載雑誌例

製品ラインアップ

選択チャート

選択チャート
※1 イヌ4)、ネコ5)、 ブタ6)、マーモセット7)、ゼブラフィッシュ8)などで実績があります。
※2 略号 → IHC(F): 免疫組織染色(凍結切片)、IHC(P): 免疫組織染色(パラフィン切片)、ICC: 免疫細胞染色、WB: ウエスタンブロッティング

製品ラインアップ

抗体種 ポリクローナル抗体 モノクローナル抗体
免疫動物 ウサギ ヤギ マウス
製品コード 019-19741 013-27691 016-20001 016-26461 282-37691 015-28011 012-28401 013-26471 011-27991 016-26721 013-27593
概要 免疫組織染色
(凍結切片)と
免疫細胞染色の
スタンダード
パラフィン切片用 ウエスタン
ブロッティング用
ビオチン結合 緑色蛍光色素(488)結合
(プロトタイプ)
SPICA Dye™ 568結合 SPICA Dye™ 594結合 赤色蛍光色素(635)結合 ヤギ
ポリクローナル抗体
マウス
モノクローナル抗体 (NCNP24)
マウス
モノクローナル抗体 (NCNP27)
標識 未標識 未標識 未標識 ビオチン 緑色蛍光色素 (488)
Ex=501 nm
Em=513 nm
SPICA Dye™ 568
Ex=556 nm
Em=591 nm
SPICA Dye™ 594
Ex=575 nm
Em=611 nm
赤色蛍光色素 (635)
Ex=634 nm
Em=654 nm
未標識 未標識 未標識
濃度 (mg/mL) 0.5-0.7 0.5-0.7 0.5-0.7 0.5-0.6 0.5-0.6 0.5-0.6 0.5-0.6 0.5-0.6 0.6-0.7 0.9-1.6 0.9-1.3
抗原 合成ペプチド(Iba1のC末端配列)
交差性 ヒト
マウス
ラット
その他※1
マウス
ラット
ヒト
マウス
ラット
マウス
ラット
ラット マウス
ラット
マウス
ラット
マウス
ラット
マウス
ラット
マーモセット
マウス
ラット
ヒト
適応※2
数字は推奨濃度
IHC(F)
1:500-1000
ICC
1:500-1000
IHC(P)
1:500-1000
WB
1:500-1000
IHC(F)
1:200-2000
IHC(F)
1:200-2000
IHC(F)
1:200-2000
IHC(F)
1:200-2000
IHC(F)
1:200-2000
IHC(F)
1:250-1000
IHC(P)
1:250-1000
WB
1:1000
IHC(F, DAB)
1:500-2000
IHC(F, 蛍光)
1:100
IHC(P, DAB)
1:100-1000
容量 50 μg 50 μg 50 μg 100 μL 100 μL 100 μL 100 μL 100 μL 100 μL 50 μL 50 μL
※1 イヌ4)、ネコ5)、 ブタ6)、マーモセット7)、ゼブラフィッシュ8)などで実績があります。
※2 略号 → IHC(F): 免疫組織染色(凍結切片)、IHC(P): 免疫組織染色(パラフィン切片)、ICC: 免疫細胞染色、WB: ウエスタンブロッティング

アプリケーションデータ

免疫組織染色

抗Iba1, ウサギ (免疫細胞化学用)

動物種  ラット
部位   大脳皮質
サンプル 凍結切片
抗体濃度 1:1000
<データ提供>
国立精神・神経医療研究センター
佐栁先生、真鍋先生、一戸先生、髙坂先生

動物種  マウス
部位   小脳
サンプル 凍結切片
抗体濃度 1:1000

抗Iba1, ウサギ (パラフィン切片用)

動物種  ラット
部位   海馬近傍
サンプル パラフィン切片
抗体濃度 1:1000

抗Iba1, ウサギ (ビオチン結合)

動物種  ラット
部位   大脳皮質
サンプル 凍結切片
抗体濃度 1:200
<データ提供>
国立精神・神経医療研究センター
佐栁先生、真鍋先生、一戸先生、髙坂先生

抗Iba1, ウサギ, 緑色蛍光色素(488)結合(プロトタイプ)

動物種  ラット
部位   大脳皮質
サンプル 凍結切片
抗体濃度 1:200

抗Iba1, ウサギ, SPICA Dye™ 568結合

動物種  ラット
部位   大脳皮質
サンプル 凍結切片
抗体濃度 1:200

抗Iba1, ウサギ, SPICA Dye™ 594結合

動物種  ラット
部位   大脳皮質
サンプル 凍結切片
抗体濃度 1:200

抗Iba1, 赤色蛍光色素(635)結合

動物種  ラット
部位   大脳皮質
サンプル 凍結切片
抗体濃度 1:200
<データ提供>
国立精神・神経医療研究センター
佐栁先生、真鍋先生、一戸先生、髙坂先生

抗Iba1, ヤギ

動物種  マウス
部位   海馬
抗体濃度 1:200
<データ提供>
京都薬科大学 統合薬科学系 高田先生

抗Iba1, マウスモノクローナル抗体(NCNP24)

動物種  ラット
部位   大脳皮質
サンプル 凍結切片
抗体濃度 1:1000
<データ提供>
国立精神・神経医療研究センター
佐栁先生、真鍋先生、一戸先生、髙坂先生

ウエスタンブロッティング

抗Iba1, ウサギ (ウエスタンブロッティング用)

 1.Iba1 protein 10 ng
 2.ラットミクログリア 10 μg
 3.ラットニューロン 10 μg
 4.ラット大脳皮質 150 μg

SDS-PAGE: 5.5% stacking gel、12.5% running gel、100V
Blocking: 3% スキムミルク/TBS 、1時間、室温
一次抗体: 1:1000濃度、3% スキムミルク/TTBS、Overnight、4℃
二次抗体: ペルオキシダーゼ標識抗ウサギIgG(1/5000)、3% スキムミルク/TTBS、1時間、室温

抗Iba1, ヤギ

 1.ラット初代培養ミクログリア 10 μg
 2.ラット初代培養ニューロン  10 μg
 3.ラット初代培養アストロサイト 10 μg
 4.ラット大脳皮質 100 μg

一次抗体: 抗Iba1, ヤギ 1:1000
二次抗体: 抗ヤギ IgG, HRP標識

参考文献

  1. Imai, Y., Ibata, I., Ito, D., Ohsawa, K., & Kohsaka, S.: Biochemical and biophysical research communications, 224(3), 855(1996).
    A Novel Geneiba1 in the Major Histocompatibility Complex Class III Region Encoding an EF Hand Protein Expressed in a Monocytic Lineage
  2. Mori, I., Imai, Y., Kohsaka, S., & Kimura, Y.: Microbiology and immunology, 44(8), 729(2000).
    Upregulated expression of Iba1 molecules in the central nervous system of mice in response to neurovirulent influenza A virus infection
  3. Sasaki, Y., Ohsawa, K., Kanazawa, H., Kohsaka, S., & Imai, Y.: Biochemical and biophysical research communications, 286(2), 292(2001).
    Iba1 is an actin-cross-linking protein in macrophages/microglia.
  4. Ahn, J.H., et al.: Lab. Anim. Res., 28(3), 165 (2012).
    Comparison of alpha-synuclein immunoreactivity in the spinal cord between the adult and aged beagle dog
  5. Ide, T., et al.: J. Vet. Med .Sci., 72(1), 99 (2010).
    Histiocytic Sarcoma in the Brain of a Cat
  6. Gaige, S., et al.: Neurotoxicology, 34, 135(2013).
    c-Fos immunoreactivity in the pig brain following deoxynivalenol intoxication: Focus on NUCB2/nesfatin-1 expressing neurons
  7. Rodriguez-Callejas, J.D. et al.: Front. Aging Neurosci., 8, 315(2016).
    Evidence of Tau Hyperphosphorylation and Dystrophic Microglia in the Common Marmoset
  8. Fantin, A., et al.: Blood, 116(5), 829(2010).
    Tissue macrophages act as cellular chaperones for vascular anastomosis downstream of VEGF-mediated endothelial tip cell induction

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

抗Iba1, ウサギ (ポリクローナル抗体)

抗Iba1, ウサギ, 緑色蛍光色素(488)結合(プロトタイプ) (製品コード282-37691)は試作品であり、ラットの免疫組織染色でのみ使用できることを確認しています。

抗Iba1, ヤギ (ポリクローナル抗体)

抗Iba1, マウス (モノクローナル抗体)

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。