iCell® ミクログリア

iCell® Microglia は、FUJIFILM Cellular Dynamics, Inc 製のヒトiPS 細胞由来ミクログリア細胞です。

ミクログリアは、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病などに関与する免疫細胞で、死んだ神経細胞や脳内に集積したアミロイドβ タンパク質を貪食するなどの免疫機能を有しています。本製品は、カルフォルニア大学アーバイン校から独占的に許諾されたライセンスであるBlurton-Jones 研究室の分化法に基づき作製されています。

ドナー情報

01279 株
性別 男性
年齢層 55-59歳
民族性 Caucasian
組織起源 PBMC
リプログラミング方法 エピソーマルベクター

アプリケーション

高純度のミクログリア集団であるiCell® Microglia

局在 マーカー 純度
細胞膜マーカー CD33+ > 80 %
CD45+
TREM2+
細胞内マーカー P2RY12
TMEM119+
CX3CR1+
IBA-1+

iCell® Microglia の細胞形態およびIba1 抗体による免疫染色

PEI/Laminin によりコーティングしたプレートにおける播種後1日目のiCell® Microglia 明視野画像(A)。播種後1 日目のiCell® Microglia におけるミクログリア抗体Iba1(緑) および核染色試薬DAPI(青)による二重陽性細胞(B)。

生細胞核染色およびIba1-TREM2 抗体による二重免疫染色

播種後1日目のiCell® Microglia における生細胞染色試薬Calcein AM(緑)および核染色試薬DRAQ5(赤)による二重陽性細胞(C)。播種後1日目のiCell® Microglia におけるミクログリア抗体Iba1(緑)およびTREM2(赤)による二重陽性細胞(D)。

iCell® Microglia における刺激応答性サイトカインの遊離

播種後3日目にlipopolysaccharide(100 ng/mL) およびIFN gamma(50 ng/mL) で刺激。刺激処置後24 時間の培養上清をLuminex Multiplex Assay で測定。

iCell® Microglia の貪食作用

Staphylococcus aureus(SA) BioParticles® Conjugate(ThermoFisher Sientific)をiCell® Microglia に処置し、IncuCyte® Live-Cell Analysis System(Sartorius AG) を用いて陽性シグナルを検出することにより、貪食作用の経時変化を観察した。

ミクログリア抗体Iba1 およびTREM2 による二重陽性細胞

Iba1 は、神経系のミクログリア特異的に発現する約17 kDa のタンパク質で、ミクログリアマーカーとして頻用されています。当社のIba1 抗体(#019-19741)を用いてiCell® Microglia が染色されることを確認した。

データ提供:FUJIFILM Cellular Dynamics, Inc.
実験条件

細胞数:14,500 cells/well (384 well plate)
抗体濃度:1:500

抗体情報

抗原:合成ペプチド(Iba1のC末端配列)
サブクラス:ウサギIgG
濃度:0.5 mg/mL
交差性:マウス、ラット、ヒト
適応:免疫組織染色(凍結切片) 1:500-1,000
免疫細胞染色 1:500-1,000

ドキュメント

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

培地等の情報は、User's Guideをご確認ください。

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。