iCell® ミクログリア

iCell® Microglia は、FUJIFILM Cellular Dynamics, Inc 製のヒトiPS 細胞由来ミクログリア細胞です。

ミクログリアは、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病などに関与する免疫細胞で、死んだ神経細胞や脳内に集積したアミロイドβ タンパク質を貪食するなどの免疫機能を有しています。本製品は、カルフォルニア大学アーバイン校から独占的に許諾されたライセンスであるBlurton-Jones 研究室の分化法に基づき作製されています。 

ミクログリア研究試薬カタログ

ドナー情報

01279 株
性別 男性
年齢層 55-59歳
民族性 Caucasian
組織起源 PBMC
リプログラミング方法 エピソーマルベクター

アプリケーション

高純度のミクログリア集団であるiCell® Microglia

局在 マーカー 純度
細胞膜マーカー CD33+ > 80 %
CD45+
TREM2+
細胞内マーカー P2RY12
TMEM119+
CX3CR1+
IBA-1+

iCell® Microglia の細胞形態およびIba1 抗体による免疫染色

PEI/Laminin によりコーティングしたプレートにおける播種後1日目のiCell® Microglia 明視野画像(A)。播種後1 日目のiCell® Microglia におけるミクログリア抗体Iba1(緑) および核染色試薬DAPI(青)による二重陽性細胞(B)。

生細胞核染色およびIba1-TREM2 抗体による二重免疫染色

播種後1日目のiCell® Microglia における生細胞染色試薬Calcein AM(緑)および核染色試薬DRAQ5(赤)による二重陽性細胞(C)。播種後1日目のiCell® Microglia におけるミクログリア抗体Iba1(緑)およびTREM2(赤)による二重陽性細胞(D)。

iCell® Microglia における刺激応答性サイトカインの遊離

播種後3日目にlipopolysaccharide(100 ng/mL) およびIFN gamma(50 ng/mL) で刺激。刺激処置後24 時間の培養上清をLuminex Multiplex Assay で測定。

iCell® Microglia の貪食作用

Staphylococcus aureus(SA) BioParticles® Conjugate(ThermoFisher Sientific)をiCell® Microglia に処置し、IncuCyte® Live-Cell Analysis System(Sartorius AG) を用いて陽性シグナルを検出することにより、貪食作用の経時変化を観察した。

ミクログリア抗体Iba1 およびTREM2 による二重陽性細胞

Iba1 は、神経系のミクログリア特異的に発現する約17 kDa のタンパク質で、ミクログリアマーカーとして頻用されています。当社のIba1 抗体(#019-19741)を用いてiCell® Microglia が染色されることを確認した。

データ提供:FUJIFILM Cellular Dynamics, Inc.
実験条件

細胞数:14,500 cells/well (384 well plate)
抗体濃度:1:500

抗体情報

抗原:合成ペプチド(Iba1のC末端配列)
サブクラス:ウサギIgG
濃度:0.5 mg/mL
交差性:マウス、ラット、ヒト
適応:免疫組織染色(凍結切片) 1:500-1,000
免疫細胞染色 1:500-1,000

アプリケーション詳細

※アプリケーション名をクリックすると外部サイトのアプリケーション情報が開きます

アプリケーション名 概要
1 Immunofluorescent Labeling iCell® ミクログリアに最適化された免疫染色法です。
2 Labeling Amyloid Beta with pHrodo Red iCell® ミクログリアに最適化された Aβ アミロイドの貪食評価法です。
3 Measuring Microglia Phagocytosis: Kinetic Imaging on the IncuCyte IncuCyte を用いた画像解析による iCell® ミクログリアの貪食能評価法です。
4 Tri-Culture of iCell Microglia with iCell Neuronal Cell Types and iCell Astrocytes iCell® ミクログリアと iCell Astrocytes および iCell GABANeurons の三者共培養に最適化された培養法です。

動画

  • 25001_img12.png
    Webinar: Developing a Panel of Human Pluripotent Stem Cell-Derived Microglia to Model Neurodegenerative Diseases
    ( FUJIFILM Cellular Dynamics, Inc. のホームページに移動します )
    2020年7月にFCDIが開催したiCell Microglia およびその疾患モデルに関するウェビナーの動画です。
    • 閲覧には、氏名・Eメールアドレス・所属の登録が必要です。
      登録後、Eメールにて動画URLのご案内が届きます。
      また、登録いただいた情報は、FUJIFILM Cellular Dynamics, Inc. での管理となります。

ドキュメント

  • iCell® ミクログリア用基礎培地
  • iCell® 神経用サプリメントC
  • iCell® ミクログリア用サプリメントA
  • iCell® ミクログリア用サプリメントB

 

FCDI社公開中の資料はこちら

専用培地

コードNo. メーカーコード 品名 容量
iCell® Microglia 01279 株
559-33671 C1110 iCell® Microglia 01279 1M Cells
iCell® ミクログリア-01279
>1.0 x 106 cells/vial
556-36861 M1034 iCell® Grial Base Medium
iCell® ミクログリア用基礎培地
50 mL
559-53831 M1046 iCell® Neural Supplement C
iCell® 神経用サプリメント C
1 mL
550-36881 M1036 iCell® Microglia Supplement A
iCell® ミクログリア用サプリメント A
0.5 mL
557-36891 M1037 iCell® Microglia Supplement B
iCell® ミクログリア用サプリメント B
0.5 mL

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

培地等の情報は、User's Guideをご確認ください。

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。