カートに追加しました

比較表に追加しました

アイソプラント ISOPLANT

製造元 :
(株)ニッポンジーン
保存条件 :
冷蔵 (氷冷輸送)
適用法令 :
PRTR-1 安衛法57条・有害物表示対象物質 安衛法・変異原性物質 労57-2 危4-2(非水溶性)-III 毒-II
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
310-02733
製造元
310-02733
JAN
4987481582934
20回用
販売終了
販売元
314-02731
製造元
314-02731
JAN
4987481516427
100回用
希望納入価格
31,000 円

14

ドキュメント

スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

キットコンポーネント

100回用

Solution I Extraction Buffer 30 ml x 1
Solution II Lysis Buffe 15 ml x 1
Solution III Sodium Acetate 15 ml x 1
TE (pH8.0) 10 ml x 1
RNase A(1 mg/ml) 100 µl x 1

概要

ISOPLANT(アイソプラント)は、植物、酵母、細菌から短時間でゲノムDNA を抽出するためのキットです。
主成分である塩化ベンジルによって、細胞壁、細胞膜および核膜などが破壊され、界面活性剤の存在下で可溶化するため、特に植物の場合、グラインドする(すりつぶす)ことなくDNA を抽出することができます。従って多数のサンプルを処理する際には大変便利です。双子葉植物はもちろん単子葉植物からも前処理無しでDNA を抽出でき、そのDNA はPCR や制限酵素反応に使用することができます。

特長

  • 植物、酵母、細菌から短時間でゲノムDNA を抽出
  • 乳鉢等ですりつぶす必要がないため、多数のサンプル処理に便利
  • 双子葉植物や単子葉植物からも前処理無しでDNA を抽出可能

保存方法

冷蔵保存(2~10°C)
RNase A を長期間ご使用にならない場合は、冷凍保存(-20°C)してください。 RNase A 以外は、室温での保存も可能です。

使用例

プロトコール

プロトコール

* 植物の場合0.01 ~ 0.1 g をはさみで3 ~ 5 mm 角に切って使用する。植物の種類によって体積が異なるが、Solution II を入れた際、下層(Solution II)に試料が完全に浸るようにした方がよい。また、できるだけ新鮮な試料を用いるようにする。凍結保存でも長期間にわたる場合には、DNA の回収率が低下することがある。酵母、細菌などの場合は、1.5 ml culture を遠心して得られた沈殿(~ 0.03 g)を用いる。

実験データ

  1. 植物からのDNA抽出
  2. 細菌からのDNA抽出
  3. 酵母からのDNA抽出
  4. 放線菌、カビからのDNA抽出

FAQ

ISOPLANTでDNA抽出の効率が悪い場合の改善方法はありますか。
下記の方法を試してみて下さい。
ISOPLANTで収量を上げるためのヒント
植物試料の場合、Solution II を加えても試料の形態が変化しないのですが。
通常のプロトコール通りに処理を行った場合、変化は目で確認できませんが、Solution II に浸して長時間放置しておくと、形態が変化してきます。しかしこの状態まで処理を行った場合、最終的に得られるDNA溶液中に夾雑物が多くなる可能性があります。
果樹などの固い葉の場合、通常のプロトコールではDNAの収量が少ないのですが。
試料を予め液体窒素で凍結、粉砕しておくと抽出できる場合があります。
動物の組織、細胞からもDNAは単離できますか。
適していませんが、エビからは抽出できることが確認されています。現在、本キットを用いてDNAを抽出できることが確認されているのは、植物、細菌、酵母、カビ等です。(上記の実験データを参照)
回収したDNA溶液をカラム精製したい。
「ISOSPIN Plant DNA」を用いて再精製することができます。詳しくは下記リンクをご参照ください。
ISOSPIN Plant DNA 再精製プロトコール
その他にISOPLANTで抽出できるサンプルはありますか。
下記の実験例が富士フイルム和光純薬情報誌に掲載されています。
「ISOPLANTを用いた結核菌DNAの簡易抽出」WAKO BIO WINDOW No.19, AUG.1999 (65 KB)

物性情報

「物性情報」は参考情報でございます。規格値を除き、この製品の性能を保証するものではございません。
本製品の品質及び性能については、本品の製品規格書をご確認ください。
なお目的のご研究に対しましては、予備検討を行う事をお勧めします。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。