カートに追加しました

比較表に追加しました

アイソスピン ティッシュ DNA ISOSPIN Tissue DNA

製造元 :
(株)ニッポンジーン
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
適用法令 :
PRTR-1 安衛法57条・有害物表示対象物質 労57-2 優先評価物質 危4-ア(水溶性)-II
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
316-08891
製造元
316-08891
JAN
4987481640504
50回用
希望納入価格
25,000 円

ドキュメント

スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

製品概要

ISOSPIN Tissue DNA(アイソスピン ティッシュ ディーエヌエー)は、動物組織、魚介類、昆虫などから高純度なゲノムDNAを抽出・精製するためのキットです。
本製品では、Proteinase Kと界面活性剤存在下での加熱処理により試料を溶解させ、DNA以外のタンパク質や多糖類等の夾雑物を遠心分離により除去してから、スピンカラム法でDNAを精製します。そのため、効率的に組織からDNAを回収することができ、特に今まで抽出困難であった粘性物質(多糖類)等を多く含む魚介類などから高純度のDNAを抽出することができます。
本製品は、カオトロピックイオン存在下でDNAがシリカへ吸着する原理を応用したスピンカラムによるDNA精製方法を採用しており、人体に有害なフェノールやクロロホルム等の毒性有機溶媒を使用しません。また使用するスピンカラムに内封されたシリカメンブレンは、十分なDNA吸着容量と高い溶出効率を確保しています。

特長

  • 遠心分離で夾雑物を効率的に除去
  • 粘性物質(多糖類等)を多く含む魚介類からも高純度DNA を抽出可能
  • フェノール・クロロホルム不要
  • Proteinase K と RNase A 添付(別途購入不要)

アプリケーションデータ

マウス各組織からのDNA抽出

ISOSPIN Tissue DNAとA社製品を用いて各種マウス組織10~30 mgからDNAを抽出し、吸光度測定と電気泳動を行った。
実験は各製品マニュアルに従って行い、比較のためRNase A 処理を実施し、溶出液量を 100 μLに揃えた。

アガロースゲル電気泳動図

結果

本製品で抽出したDNAの方が収量が多く高純度であった。特に肝臓において顕著な差が見られた。

アサリ各組織からのDNA抽出

ISOSPIN Tissue DNAとA社製品を用いて各種アサリ組織50 mgからDNAを抽出し、吸光度測定と電気泳動を行った。
実験は各製品マニュアルに従って行い、比較のためRNase A 処理を実施し、溶出液量を 100 μLに揃えた。

吸収スペクトル図

アガロースゲル電気泳動図および吸光度測定の結果

アガロースゲル電気泳動図

吸光度測定値を基に各100 ng DNAをアプライした。



Lane
1:ISOSPIN Tissue DNA(本製品)
2:A社製品
M:OneSTEP Marker 6

吸光度測定結果/DNA収量と純度の比較
外套膜 水管 閉殻筋 エラ
本製品 A社 本製品 A社 本製品 A社 本製品 A社 本製品 A社
A260/280 1.89 1.73 1.84 1.68 1.84 1.81 1.88 1.69 1.93 1.77
A260/230 2.20 0.73 1.74 0.63 2.10 1.27 1.46 0.77 2.05 0.88
DNA収量(ng/mg tissue) 118 227 184 128 180 405 62 407 545 153
結果

吸光度測定結果より、本製品で抽出したDNA溶液は収量が多く高純度であった。A社製品では各部位において抽出操作中にカラムの目詰まりが生じたが、本製品では目詰まりすることなくDNA抽出できた。さらに電気泳動の結果より、A社製品ではバンドが薄く、吸光度(O.D. 260 nm)に影響する夾雑物残留の可能性が考えられた。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。