カートに追加しました

比較表に追加しました

D(+)-ガラクトサミン塩酸塩 D(+)-Galactosamine Hydrochloride

生化学用
for Biochemistry
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷蔵 (室温輸送)
CAS RN® :
1772-03-8
分子式 :
C6H13NO5・HCl
分子量 :
215.63
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
071-02053
JAN
4987481271098
1g
希望納入価格
6,600 円

20以上

販売元
079-02054
JAN
4987481271104
5g
希望納入価格
23,200 円

10

販売元
073-02052
JAN
4987481271081
25g
希望納入価格
80,000 円

2

販売元
075-02051
JAN
4987481271074
100mg
希望納入価格
3,000 円

3

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 〈組織細胞化学〉〈実験的動物発症試薬〉
疾患の成因や治療法の究明に病的異常動物が利用されている。病的異常動物は実験的発症モデルと自然発症モデルに大別されるが、実験的発症モデルを作製する場合には、このような試薬が用いられる。また、近年では、遺伝子操作法を利用したトランスジェニック動物も盛んに研究されている。
 アミノ糖、コンドロイチン硫酸の構成成分の一つで、急性の肝炎型傷害を起こす。
 
〈脂質・糖・核酸〉〈糖質〉〈単糖類〉
用途 実験的肝傷害発症モデル作製剤。

物性情報

外観 白色~ほとんど白色, 粉末
溶解性 水に溶けやすい。
融点 約182℃ (dec.)
比旋光度 [α]D20 +90〜+100° (c=1, H2O,24hr)

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。